FC2ブログ

ごっついミノタウロス

59発目です。宜しくお願いします。

今回は、たまには別の処でも行ってみようかなと思い立ち懐かしのあの場所へ。

ごつみのMAPでおなじみの「グラストヘイム最下層地下洞窟02」です。

修正前は「ここでオーラになるのが当たり前」くらいの高効率狩場だったのですが、度重なる修正によりすたれてしまいました。

グラストヘイムでワープポータルを取っていても、このマップまで来るのは相当時間がかかります。
(グラストヘイムから7マップ目)

オートスペル型ロイヤルガードのレベルがある程度上がったら、このマップでレベル上げをしようと思っていました。

今回は様子見もかねて、オートスペルでも狩りが成立するかどうか行ってみた次第です。

装備はこちら。

ゴツミノ装備

正直必要装備なんて覚えていませんでした。

主食のごっついミノタウロスがボス属性でないのを忘れていて、いつも通り勇者のプレートを付けていったら、ストームガストのノックバックで散々な目にあいました。

またハンマーフォールの頻度がバリオの比じゃないので、火属性攻撃も防げるパサナカード刺しヴァルキリーアーマーが必要ですね。
(修羅できた時もそうだった気がします)

魔導剣は対火属性用に弱点の水属性魔法と等倍の風属性魔法が出る物です。

精錬値が低いので茨のヘアバンドではなくレインボウを装備しています。

アクセサリーと中段が問題なのですが、

ゴツミノ被ダメ

盾を持てず、耐性装備を付けていない状態で4,000以上のダメージでした。

このルーンナイトだと7発くらいもらうと死んでしまいます。

なので基本はヴァルハラアイドルでセイフティウォール、ペンダントオブハーモニーでレノヴァティオを出して、防御重視被ダメ軽減&回復をしていきます。

位置ずれとかでなければ、セイフティウォール上でもアックスブーメランで上のSSと同等のダメージを受けましたので、それでも注意が必要ですね。

各種オートスペルのダメージはこちら。

○コールドボルト
ゴツミノCB

○フロストノヴァ
ゴツミノFN

○ライトニングボルト
ゴツミノLB

○サンダーストーム
ごつみのTS

バリオ・フォレストの時より火力装備が使えないので、向こうと比べダメージが非常に低いです。

またごっついミノタウロスのHPもブギスギスの約4倍あり、1体当たりの戦闘時間が長いです。
ちなみに経験値はブギスギスの約3倍  180,038/117,349

なので交戦中に敵が追加で寄ってくることも多々ありました。

2セットまでは何とかなりましたが、3セット目になると回復剤を叩かないと間に合いませんでした。

オートスペルで初めて来たので、慣れてきて装備の持ち替えができるようになればそれなりの効率が出せると思います。

まぁ・・・来るのはロイヤルガードでですけど。

セイヴザキングが片手剣なので盾が持てるのと、ディフェンダーでアックスブーメランを軽減、さらには自分でヒールが使えるので、戦闘継続性はルーンナイトより高そうです。

問題は火力ですねぇ・・・


今回魔導剣をレインボウと一緒に使ったわけですが、水属性+風属性というのは結構相性がいいようです。

このマップにはスティングも生息するのですが、こいつは地属性レベル3で風属性の魔法が通りません。

しかしごっついミノタウロスを殴り続けるだけで、寄ってきたスティング・取り巻きのミノタウロスがフロストノヴァで凍結し、強制水属性になり風属性が弱点になります。

水属性なのでフロストノヴァもミスになり、ほぼ確実にサンダーストームで弱点を付けますね。

3枚刺しであれば、もう一つの範囲魔法で氷を割ってしまうので、2枚刺しならではな気がします。

この点を考えればボス属性じゃなくて助かりました。

高精錬の魔導剣があれば、単体は茨のヘアバンドと魔導剣で、敵が寄ってきて囲まれたらレインボウに持ち替え範囲魔法に、なんて芸当もできます。


様子見で30分行ったのですが

ミノタウロスカード

ミノタウロスカードが出てほくほくです。

しかし牛カルビは一個も出ませんでした。

運がいいのか悪いのか・・

というわけで今回はごっついミノタウロスを倒したお話をしました。

では今回はこの辺で。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

アル

Author:アル
RO魔法剣士団へようこそ!
Sigrunサーバーで活動しています。
よろしくおねがいします!
※当ブログでは、ラグナロクオンラインを知っている前提で書いています。

RO魔法剣士団

フリーエリア

©Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved. ©GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR