ロイヤルガード誕生

24発目です。今回もよろしくおねがいします。

今回は前話していたロイヤルガードのお話を。
注意:今回ロイヤルガードをやるのが楽しくて、記事が手抜きになっています!ごめんなさい!

友人に手伝ってもらって無事・・・

くるせ転職

クルセイダーへ。

転生

転生して(イ・・・インフォメーション・・・?)

剣士転職

ハイソードマン

パラディン転職

パラディンになって(チャンピオンのおじさんの首が切れてる!)

ロイヤルガード転職

ロイヤルガードです。(クルセイダーのおじさんの以下略)

もはや作業と化しているような気がしますが、無事ロイヤルガードになれました。

一応+7のセイヴザキングを手に入れたので、次回までにレベルが100になればセイヴザキングについてちょこっと話そうと思います。


最後に

新しいキャラクターを育てるのは楽しいですね。

特に転職したてはジョブもどんどん上がって、新しいスキルが使えるようになるのでとても楽しいです。

今回はセイヴザキングの装備レベル100までレベル上げをするために、とても短い記事になってしまいました。ごめんなさい。

では今回はこの辺で。


スポンサーサイト

魔導剣part3

23発目です。よろしくおねがいします。

まずはリンクの紹介を。


いろんな職をオートスペル型で遊んでいらっしゃる、からふる*雑貨堂さんのブログです。

本題へ。
今回考察回にしようか迷いましたが、タイトル通り魔導剣に関することなので、考察回にしておきます。

さて・・・ついに来ました。
待ちに待った純粋な魔導剣の強化です。
(ラグナロクオンライン公式サイト:2016年7月のイベント&ミニアップデート情報より)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

2016/7/19(火)定期メンテナンス終了~

マランエンチャント対象アイテム追加
「マラン・Aコイン」と「海神の怒り」を使用して、装備に特殊効果をエンチャントできる、初~中級者にオススメな「マランエンチャント」の対象アイテムが、一気に58点追加されます!
「魔導剣[2]」や「インバーススケイル[2]」、「錐[1]」そして登場したばかりの「ミニーメイ[2]」、「エクソダスジョーカーXIII[1]」など、武器の種類も非常に豊富です。失敗はなく確実に性能が向上するので、強化できるアイテムを持っていたらどんどんチャレンジしましょう!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――                           

マランエンチャントできる武器に魔導剣が追加されます!

苦節・・何年でしょう。

とにかく魔導剣を次のステップに進めることができますね。

本音を言えば何かしらのセット装備を実装してほしいところですが・・・


少し・・・かなり早いですが、魔導剣と各エンチャントの相性を考えてみます。

エンチャント効果は公式サイトに一覧で乗っていますので、効果の詳しい説明は省きます。

まず候補ですが・・・
魔法を火力とするならば有名なところでは「魔力2」「Int+7」でしょうか。

改めて一覧を見ていたら「Matk+4%」というのも見つけたので、そちらも候補に入れましょう。
あとは「攻撃速度3」「闘志9」あたりでしょうか。

ではそれぞれ語っていきます。

○魔力1~2
・魔法のオートスペルの威力が上がる。
・エンチャントブレイドの威力が上がる。
・エンチャントブレイド等一部の詠唱が早くなる。(ボウリングバッシュも?)

○Int+7
・魔法のオートスペルの威力が上がる。
・エンチャントブレイドの威力が上がる。
・ヒールの回復量が上がる。

○Matk+4%
・魔法のオートスペルの威力が上がる。
・エンチャントブレイドの威力が上がる。

○攻撃速度3
・Agiを下げることにより、Strに振って火力強化、Vitに振って耐久強化等ができる。
・濃縮サラマイン、エイシルルーンストーン、バーサークポーション等を節約できる。

○闘志9
・通常攻撃を強化できる。
・物理のオートスペルの威力が上がる。
・イグニッションブレイク、ボウリングバッシュ等物理スキルの威力が上がる。
・Hitを強化できる。

大体当たり前のことを書いてみましたが、魔導剣を使うルーンナイトのスタイルに合わせて取捨選択してくことになります。

自分は威力を重視しているので「Matk+4%」をダブルでしょうか。
ROratorio様で計算したところ、フェンリル換算で申し訳ありませんが、現状より10秒ほど早くなる計算になります。

恐らく威力を考えるうえで一番相性がいいのは「Matk+4%」だと思われます。

因みに闘志9ダブルが1秒、Int+7ダブルが5秒ほど短縮できました。


魔導剣は効果や性能上、物理または魔法に割り切れないのが難しいところですね。
それがいいところなんですが。
どのエンチャントもそれぞれ固有の利点があるので悩みどころです。

魔羊の咆哮のような特殊エンチャントとかあったら楽しいんですけどね・・

さて妄想はこの辺にして・・・
とりあえず海神の怒りを集める作業に入ろうと思います。

では短いですが今回はこの辺で。

新しい試みとか

22発目です。よろしくどうぞ。

先日より、コメントを頂いている方々のブログをこっそり見て楽しんでいました。
するとどなたもいろんな職でオートスペル型を楽しんでいる様子。

自分はオートスペル型はルーンナイトしか持っていないので、自分も何かほかにオートスペル型を作ろうと思った次第です。

殴りアークビショップ、本家オートスペルを持つソーサラー、中にはレンジャーでオートスペルをする猛者もいました。(遠距離攻撃の発動率は半分になります)

オートスペル装備は揃っている方だと思うので、どの職でもそれなりにうごけそうです。
ですがやはり「パッシブするならAspdは193にしたい」という気持ちからAspdを上げるスキルを持つ職がいいですね。

ソーサラーは現在スペルフィスト型を持っているので、キラキラスティックを買えばすぐにオートスペル型になれますね。


そしてキャラをメイクする上で「これ!」という装備が一つ欲しいところです。
ルーンナイトでは魔導剣がそれに当たりました。

ところが他職でこれぞオートスペル用という装備はほとんどありません。
俗にいう宝剣などがそれに当たりますが、自分はAspd装備を持っていないので難しいでしょう。

こう考えると魔導剣は自分にとって、奇跡の一本といえなくもないですね。

そんなこんなで頭を悩ませながら露店を見ていると・・・

速攻見つけました。
セイヴザキング

セイヴザキングです。
某所では散々な言われようのこの剣。レインボウを使うにはとってもいいんではないでしょうか。

Atkは+170、Matkも+130されます。レベル4武器なので精錬値1につきAtkとMatkが+7ずつ上昇します。

さらにスキルライディングを取っていないと、スピアクイッケンの効果とサイズペナルティ解除が付いてきます。

精錬値で剣技の威力も上がり、ヒール系の回復力も上がります。

スロットも3つ空いているので、レインボウと一緒に使うことで6つのオートスペルを発動させることができます。

おまけに盾も持ててしまう!(装備と要相談)

まさに魔法剣士の為にあるような剣!
自分は!この剣が!使いたい!

ということで

こちらにすでにオーラの剣士がいます。

剣士

ブートキャンプで作っていた剣士ですが、この剣士をロイヤルガードにしようと思います。

予定はInt120にして熾天使の花冠でヒールの威力とAtkを向上。
ルーンナイトと違ってStrもある程度振って物理スキルをある程度使えるようにしたいですね。
最終的にはルーンナイトで使っている勇者のプレート等を使いまわせればと思います。
(ここがロイヤルガードを選んだ理由としては一番大きいです)

本格的に動くのはセイヴザキングができてからになると思いますが、日記回にてこちらのキャラも紹介していこうと思います。

いるかわかりませんが、ルーンナイトを見に来てくれた人には申し訳ありません。


最後に

最近の装備は精錬に次ぐ精錬で、精神的によろしくありませんね。

個人的には戦死者のマントのような、極端なステータス振りにボーナスを付けてくれる装備が増えてくれると嬉しいです。

それでは今回はこの辺で。




勇者のプレート

21発目です。よろしくおねがいします。
今回は考察回です。(考察ってよりは検証回のような気がしますが)

タイトルにある通り勇者のプレートについて書きます。

効果はこちら。
勇者のプレート

勇者シリーズのソードマン系のみ装備できる装備です。
ロイヤルガードのバニシングポイント、ルーンナイトのストームブラストを強化するほか、オートスペルが発動するのでパッシブも強化できます。

注目するべきは重量と要求レベルです。
破壊耐性を持たない鎧であり、属性鎧にして複数持つにはあまりにも重すぎます。
さらには装備できるのがカンスト間近とレベル上げにはほとんど使えません。

大変使いにくい装備ではありますが、
それでもオートスペル型のルーンナイトには補って余りある魅力があります。
それはヒールLv10とストームガストLv10がオートスペルで発動する点です。

ヒールのオートスペルは数種ありますが、Lv10が発動するのはアコライト系が装備する人面桃樹カード、あとはリングオブレゾナンスくらいでしょうか。
前者は盾カードであり、後者は被弾時とあまり使い勝手はよくありません。

ストームガストに至ってはMVPカードのストームナイトカードを超えるLv10が発動します。
(大体はもう一つの効果20%で凍結がメインな気がしますが)
大魔法がオートスペルで発動するカードは他にもありますが、Lv1がせいぜいです。

総じてオートスペル型ルーンナイトの火力と回復を補う素晴らしい装備だと思います。
見た目も派手ですしね。

さて、気になるのはやはり発動率です。
少し調べてみたのですが、数字が乗っているページを見つけることができませんでしたので自分で殴ってきます。
(もし乗せてるページがあったらごめんなさい!)

おなじみのブラジリスにいる変なヒドラを殴ってきました。

未精錬から+3までを持っていなかったので、持っている+4から+7までの検証になります。

今回の発動するオートスペルでは水属性の変なヒドラにダメージが入らないため、レインボウや魔導剣に比べてカウントするのがとても楽でした。

とりあえず1匹分(1,000回)殴ってみました。


ですがまたしても運が悪かったのか、+4・+5・+6を1,000回ずつやった時点で、なぜか+5の発動率が+6を上回ってしまいました。

レインボウの時の失敗が脳裏をよぎります。

なので今回は5匹分(5,000回)殴ってみます。
これだけ殴れば運も収縮するでしょう。

では+4からです。
○+4勇者のプレート 総攻撃回数5,000回
 ヒールLv10       78回  1.56%
 ストームガストLv10   65回  1.30%

○+5勇者のプレート 総攻撃回数5,000回
 ヒールLv10       92回  1.84%
 ストームガストLv10   82回  1.64%
 
○+6勇者のプレート 総攻撃回数5,000回
 ヒールLv10      116回  2.32%
 ストームガストLv10   96回  1.92%

○+7勇者のプレート 総攻撃回数5,000回
 ヒールLv10      132回  2.64%
 ストームガストLv10  112回  2.24%

5,000回も殴ったのだから正しいと信じたいですが・・・
難しい結果になりました。

とりあえずわかることは、ストームガストよりヒールのほうが発動率が高いようです。
あとは・・・製錬値1ごとにヒールが0.3~0.5%、ストームガストが0.3%ずつ上がっているように見えます。

結論を出すにはもう少し勇者のプレートを用意しなければなりませんね。
一時期+8を持っていたのですが、+9を目指し失敗して+7になってしまいました。
未精錬を手に入れたらまた改めて検証してみようと思います。
書いてて思いましたが、全部準備できてからやるべきでした・・・

最後に

いつも思い付きで話のタネをもってくるため、着地点が不安定ですね。

それでも思いつきが尽きない限りは連続投稿を続けようと思います。

投稿が滞ったらネタが尽きたと思ってください。

今回もありがとうございました。

では今回はこの辺で。



ゲフェン魔法大会part2

記念すべき20発目です。今回もよろしくおねがいします。

今回も前回に続きゲフェン魔法大会の様子を紹介します。
前回は第八試合まで紹介したので、今回は第九試合からです。

コメントにてアドバイスをいただきました。本当にありがとうございます!

○第九試合 プリーストの「レチェニエ」

彼女は短い詠唱の聖属性攻撃(HL?)を使ってきます。
詠唱が早いためマジックイーターでも全部消すことはできず、これまでで一番ダメージを受ける相手です。
HPが減ってきたらお魚を食べつつ殴ります。

魔法大会9戦目

結構ごっそりとHPが削られます。一回もらうだけで約7,000近くのダメージを受けます。
聖属性服を持っていけばいいのですが、自分の聖属性服は勇者のプレートなので、重くて複数持ち歩くのはきついですね・・・

○第十試合 ワンダラーの「ユメヒメ」

彼女は第九試合と打って変わって特にきついところはありません。
特筆するのならば、相手の攻撃射程外時に遠距離攻撃をすると発動する「全ての攻撃被ダメージが1になる状態」が面倒ですね。(書いておいてなんですが、発動条件は体感でちゃんと調べたわけではありません)

魔法大会10戦目

痛い攻撃も特にないのでただ見てるだけですね。

ドロップが非常にさみしいです。弓職を持っていればいいのかもしれませんが自分は持っていないので・・

○第十一試合 ソーサラーの「ジュー」

彼から少しきつくなります。
ボス属性でないためマジックイーターは効きやすいのですが、どの魔法も詠唱は短いため結構な数被弾します。

中でも注意したいのはスパイダーウェブからのファイアーボルトです。
スパイダーウェブ中は火属性ダメージが2倍になるので、火属性服またはハガラズがないと相当なダメージを受けます。
即死ではありませんが、回復薬をけちって死んだことが何回かありました。

魔法大会11戦目

また第十試合の相手よりHPが一気に増えるため、2分~2分30秒近くかかります。
マジックイーターの機嫌が悪いとお魚もどんどん消費してしまうため、少し気を張る場所ですね。

○第十二試合準決勝 アルケミストの「フェイ・カナビアン」

ここから装備を変えていきます。

魔法大会装備2

対念属性用の火力装備です。マジックイーターもいいのですが、ボス属性に対しては成功率が半分(?)になるらしいので、マジカルリングに変えました。

彼女はHPこそ前試合のジューより低い物の、アルケミストらしくホムンクルスを連れています。

魔法大会準決勝相手

カーソルを合わせ忘れましたが、ゴーレムのアルフォンくんです。
2対1とは卑怯な・・・
(因みにアルフォンくんを倒すとアルフォン・ジュニアとなって新しく参戦してくるようです)

この試合から相手が念属性かつボス属性になります。
しかしアルフォンくんはボス属性ではないので・・・

魔法大会準決勝2

ストームガスト等で凍らせてから・・・

魔法大会準決勝MS

このようにフェイ・カナビアン をマップ端まで引っ張ります。
こうすれば1対2で戦えますね。

彼女は基本的に火属性服を着てれば安全なのですが、耐性なしだと火属性の攻撃がとても痛いです。
しかし本当に怖いのはアシッドテラーです。

自分のルーンナイトではHPが全快で何とか耐えれるくらいのダメージに、鎧まで破壊されてしまいます。(勇者のプレートには破壊耐性はありません)

なのでここでベルカナルーンストーンを使います。
SSで叫んじゃってますが、HPが減ってきて長い詠唱が来たらギリギリのところでベルカナをぽちり。
ルーンストーンはディレイ中だろうがnoctrl中だろうがお構いなしに発動するのでとても便利ですね。

この試合と次の試合の相手はHPが黄色くなると爆裂状態になります。
自分のルーンナイトは火力増し増し装備なので、レイドリックも盾も持てません。
通常攻撃がとんでもなく痛くなるため、回復アイテムはこまめにたたきます。

魔法大会準決勝

強敵の割にドロップが悲しいですね・・・
とにかく準決勝も勝利です。

○第十三試合決勝戦 「フェンリル」

いよいよ決勝戦です。ここまで大体20分かからないくらいですかね。
決勝戦は相手のHPが準決勝の約2倍になる代わりに、3分だった試合時間が5分になります。

戦い方は今まで通り、ヴァルハラアイドルでセイフティウォールを出し、出たらカルデュイに持ち替えて殴ります。

ただ彼女はウォーロックのスキルを数種類使ってくるため、ただ殴り続けるだけではいけません。
使ってくるウォーロックのスキルはテトラボルテックス・コメット・アーストレインの3つです。

アーストレインはなぜかフェンリルより上に位置取ると当たりません。
(フェンリルがアーストレインを下方向にしか打たないため)
後の二つは階段の手すりを使って斜線を切ります。

テトラボルテックスはまだ回復剤を連打することで耐えれるのですが、コメットはもらってしまったらおしまいなので、慎重にかつ迅速によけましょう。
ゴーストリングカード刺しの服があったら楽なんでしょうね。

せっかくなのでダメージを。
コールドボルトに

魔法大会決勝CB

ファイアーボルトに

魔法大会決勝FB

ストームガストです。


魔法大会決勝SG

ストームガストは斜線を切った後でもその場に残りダメージを与え続けてくれます。
なのでコメットとテトラボルテックスはストームガストが出るまでできるだけ粘ります。

ホーリーライトも出るのですが、他のオートスペルに比べエフェクトが非常に地味で、ダメージを抜けませんでした。許してください。
なおダメージは1,000程になります。

まるでダンスのように手すりを往復しながら3分ちょっと殴り続けると・・・
魔法大会決勝爆裂ダメージ

爆裂状態になり通常攻撃が上のように。(見難いですが3,494受けています)
10発ももらえば死んでしまうダメージなので、ここも慎重に回復剤を叩きます。

後は祈りながら倒すだけで・・・

魔法大会決勝3

いつもの奴ですね。
個人的には好きなんですが、やはりいつかは微力じゃないフェンリルカードがほしいですね。

フェンリルを倒した後は、これまで戦った対戦相手が全員で祝福してくれます。
さらに転送先には最初に支援してくれるメンバーがいて、アイテムをいただけます。

なお優勝するとフェンリルさんは拗ねてアイテムをくれません。

魔法大会後


最近は深淵の回廊やレインボウの検証なんかで忙しく、久しぶりのゲフェン魔法大会でしたが、無事クリアできてよかったです。

まだまだ怪しいところが多々あるので、他のオートスペル装備や新規参入装備で安定させていきたいですね。

アイテムをけちる割に属性服をもっていかない等、手抜きのようなプレイをしてしまいましたがこれには理由がありまして・・・

バブルガムを使うと装備がぽろぽろ落ちてきて全部拾っていると、すぐに重量が90%を超えてしまうのです。
なので今回もできるだけ重量を抑えた形で挑みました。

因みにお魚は500持って行ったうち250ほど余りました。


最後に

2回に分けて長々と書きましたが、読んでくれた人には「お疲れ様です」と「ありがとうございます」を心から申し上げます。

もうさんざん情報がでたMDなので何番煎じかわかりませんが、楽しんでもらえたでしょうか・・・

このMDも動画が取れるようになったらまた動画として記事にしたいと思います。

では今回はこの辺で。

ゲフェン魔法大会part1

19発目になります。
今回は前回の予告通りゲフェン魔法大会の様子を張っていきます。
   
注意:次回も含めSSだらけになってしまいました。いつも通りSSのサイズもバラバラです。
   リプレイ機能を使用しているせいか、エフェクトやペットの満腹度がバグっています。
 
まずは魔法大会に参加するための下準備です。

今回はエクラージュにてオーブの支援を受けています。
さらにMatkを少しでも上げるため、ペットのアメリットを連れていきます。(Matk+20)

メモリアルダンジョンに入ってすぐ左側の道を進んでいき、人間系に魔法ダメージ+10%の支援を受けます。
(真ん中は人間系に物理ダメージ+10%、右側は人間系から受けるダメージ-10%)

魔法大会準備

べたべたなヤンキーさん。

さて準備が終わりました。
魔法大会へ参加する前に最終確認です。
装備とアイテムはこちら。
魔法大会準備2

ルーンストーンはエイシル・ハガラズ・イス・ベルカナ・ナウシズ。
準決勝にてディスペルを使用する相手が出てくるときがあるので、消耗品は多めに持っていきます。

装備はまずグリフォン帽子で風付与を狙います。
何体かいる念対策ですね。なくても勝てるのですが、時間短縮の為に発動させます。
マジカルリングを2個装備すれば火力が上がって時間短縮になりますが、準々決勝までは被ダメージを減らすためにマジックイーターを使います。

では試験のデザートウルフを倒していざ魔法大会へ。
(試合前後の会話まで紹介するとさらに長くなるので、倒した瞬間のSSだけになります。)

○第一試合 ノービスの「アルヒ」

魔法大会1戦目

特筆すべきことはありません。
バフをかける試合ですね。
因みに自分はここで使うルーンストーンはエイシルだけです。

○第二試合 マジシャンの「ディオ・アネモス」

魔法大会2戦目

彼も書くことはありませんね。

魔法を数種類使ってきますが、威力も高くないです。

不憫にも姿すら見えない状態になりました。

○第三試合 ブラックスミスの「ヒピア・スニキ」
第三試合は冒頭での選択したイベントにより変わります。

低Vitだと時折使ってくるハンマーフォールでスタンしてしまいます。
またHPが高い敵と普通に戦うと・・・
魔法大会3戦目

分かりにくいかもしれませんが、勇者のプレートで出るストームガストによるノックバック・氷結のせいで、位置ずれが起こり少し手間取ります。

それを防ぐためにマップ端にある階段まで敵を誘い込みます。
勇者のプレートを外せばそのまま殴れますが、ストームガストの火力がバカにできないのでこういった方法を取ります。

魔法大会3戦目2

○第四試合 モンクの「フェモン」

彼女は非常に面倒なスキル速度減少を使ってきます。
このスキルを受けるとツーハンドクイッケンの効果が消え、速度減少が続いている間ツーハンドクイッケンの効果が付きません。
もしかかってしまったら速度減少の効果が消えるのを待つか、ナウシズを使うことに。

魔法大会4戦目

戦闘に関しては書くことはありません。
強いて言えば速度増加で強化してきますが、高レベルキャラには関係ありません。

○第五試合 ウィザードの「オルドル」

結構な威力のボルトに大魔法のストームガストを使ってきます。
よけながら戦えば苦にはなりませんが、間違えてストームガストにあたってしまうと、氷結からのサンダーストームで結構なダメージを受けてしまいます。

魔法大会5戦目

このあたりから前もって装備しているマジックイーターが役立ちます。
ストームガストのような長い詠唱は大体が発動する前に消すことができます。

○第六試合 クルセイダーの「ブルート・ハゼ」

彼女は念属性です。
そのため物理職では属性の付与をしないと時間がかかります。
グリフォン帽子で付与が付いていれば時間短縮になりますが、オートスペル型ならば付与が付いていなくても問題ありません。

注意するスキルはグランドクロスです。
聖属性服なら問題ありませんが、普通に受けると手痛いダメージを受けます。

魔法大会6戦目

ここでもマジックイーターが生きます。
グランドクロスを2回に1回くらい消してくれるので、勇者のプレートのヒールで回復が追い付きます。

○第七試合 影狼の「黒魔」

彼はSPにダメージを与えてきたり、高ダメージをたたき出す忍者のスキル一閃を使ってきます。
Vitが低いと高レベルでも運が悪ければ負けることもあります。

以前はパリイングでよけていましたが
魔法大会7戦目SW

ヴァルハラアイドルが実装したおかげで、セイフティウォールで安全によけることができるように。
相手のHPが半分くらいになったら付け替えます。

魔法大会7戦目

一閃に気を付ければ余裕ですね。
運がいいと風魔手裏剣を落とすのですが、今回はけちですね。

○第八試合 ルーンナイトの「イフォドス」

ゲフェン魔法大会に参加して、彼に負けた人は多いと思います。
高ダメージを与えてくるマグナムブレイクにスパイラルピアースを使ってきます。
スパイラルピアースは詠唱が長いため、階段を使った斜線切りや画面外に逃げる等でかわすことができます。

ここでもマジックイーターが活躍します。
殴り続けていればほぼ100%スパイラルピアースを消し去ります。
後はヴァルハラアイドルを付け替えながら殴るだけですね。

魔法大会8線目

順調にいけばこの試合の途中でエイシルが切れるので、すぐにエイシル・ハガラズ・イスのルーンストーンを使います。

倒した時のSSを取り忘れました。ごめんなさい。


さて長くなるので続きは次回にしようと思います。


最後に

本当は今回全部紹介しようとしたのですが・・・

第八試合のイフォドスまで書いたときに操作ミスで全部消してしまったので続きは次回にしました。

始めてやりましたが、5分くらい放心してしまいました。

もう味わいたくないですね。

では今回はこの辺で。

お休み

18発目です。
がしかし、ROに入る時間がなかったので次回予告だけになります。

次回!ゲフェン魔法大会!

皆勤賞目的の投稿になりました!短くてごめんなさい!

ルーンストーンについて

17発目です。今回もよろしくおねがいします。

今回はルーンナイトよりの記事になります。

リプレイを取る気力はなく、コメントでルーンの話が出たのでちょっと書いてみます。

ルーンナイト持ちの人には復習のような内容になってしまいました。

まずは各種ルーンストーンの紹介を
ルーンストーンはルーンナイトスキルのルーンマスタリーを取ることで作ることができる、自己強化消費アイテムです。
SSを切り取ってはろうと思ったんですが面倒だったので長かったので、要点だけ書いておきます。
(思い付きでおすすめ度なんてのを付けてみました。自己満足です。)

○ルーンストーン共通仕様
・最大所持量は20個まで
・重量は1個10

○スリサズルーンストーン ☆☆
・5分間Str+30
・5分間通常攻撃時、一定確率でダメージが3倍になる
・一定確率で武器が壊れる。

○イスルーンストーン   ☆☆☆
・5分間HP回復アイテムの効果1.5倍
・5分間SP自然回復が-100%になり、SP回復アイテムの効果が-50%
・ヒール、サンクチュアリ等の回復も上昇

○ペオースルーンストーン  ☆
・7×7の範囲にダメージを与えノックバックさせる。
・再使用待機時間8秒

○ハガラズルーンストーン ☆☆☆☆
・5分間DefとMdefを増加させる。
・一定確率で相手の武器を破壊。(モンスターは10秒間Atk-25%、ボスに効果なし)
・使用時現在HPの20%を消費する

○エイシルルーンストーン ☆☆☆☆
・5分間自身のAspdを上昇させる。
・パーティーメンバーの数に比例してAtkが増加する。

○ウルズルーンストーン ☆
・5分間自身のSPを10秒ごとに60ずつ回復する。

○ライゾルーンストーン 
・30秒間1度だけ自身の武器を破壊しながら相手に強力なダメージを与える。

○ナウシズルーンストーン ☆☆☆
・60秒間多くの状態異常、デバフを無効化する。
・使用時HP+25%
・使用時自身にかかっている多くの状態異常、デバフを取り除く。

○ベルカナルーンストーン ☆☆
・使用時2~4個の盾を召喚する。
・盾の防御力は使用者のDef、Mdefと同じ
・盾のHPは1,000で0になると壊れるが、どんなに大きなダメージでも1回は必ず防げる。

○ラクスマニアルーンストーン ☆
・自身にかかっているルーンの効果をランダムに1つ、周囲にいるパーティーメンバーに移す。
・移った効果は1分持続。

お疲れさまでした。

さて、全部で10種類のルーンストーンを紹介しました。

本来のルーンナイトであれば、「全種を持ち歩き状況に応じて使い分ける」なんてこともできますが、オートスペル型のルーンナイトはStrを抑える人が多いため、ルーンストーンの重量がネックになってきます。

1種類を20個持つだけで重量は200になりますね。

自分のルーンナイトでいえばこれだけでWeightの5%になります。
10種類全部持っていったらそれだけで50%に到達しますね・・・
(ドラゴンに乗らないせいでもありますが)

なのでオートスペル型ルーンナイトは、数種類のルーンストーンを滞在時間に合わせて数個持っていくことになります。
とはいっても、低Strでは使えるルーンストーンも限られてきます。

例えばIntを高めに振る割にスキルを使わないのでSPが余るため、ウルズルーンストーンは使わなくてもいいでしょう。
オートスペルを主力とするならばライゾ、スリサズルーンストーンもいらなくなります。(魔導剣には破壊耐性がないのでゴーレムカードを刺さないと壊れてしまいます)

自分がいつも使うのは

Aspd確保のための エイシル
エイシルはルーンマスタリーを10取っているとAspdが4も上がります。

耐久力を上げる ハガラズ
ハガラズを使うことでDefとMdefが+150もされ、これだけで石化・氷結を防ぎます

ヒールと回復アイテムの効率を上げる イス
勇者のプレートの精錬値が高いと結構馬鹿にならないくらいの回復量になります。

以上をできるだけ切らさずに使っています。

あとは緊急用にベルカナとナウシズを5個くらいずつですね。

自分のルーンナイトはこれらのルーンで耐久を補うことで、IntとDexを120振るという思い切ったステータスふりをしました。

もちろん前回の記事のようにエンチャントブレイド+スリサズを使えば火力は上がるし、Strをそれなりに振ってあればペオースも使えるでしょう。


残念ながら魔法オートスペル型ルーンナイトの火力を、直接的に上昇させるルーンストーンはありません。
ですがルーンを使うことで各ステータスの敷居が下がり、その分Intを振ることができるようになります。

魔導剣なんて武器があるのだから、オートスペル型を強化するようなルーンストーンもほしいところですね。(誰得といわれるかもですが)


おまけ

ペオースルーンストーンで出るストームブラストのダメージですが

100*ルーンマスタリーLv+INT/8(切捨て)*100 (%)

上の式がダメージ計算式のようです。

自分のルーンナイトはInt120なので倍率は2500%の範囲攻撃となります。
イグニッションブレイクの倍率は1500%なので、ストームブラストのほうがダメージが高くなりますね。

・・・ただ自分のルーンナイトの通常攻撃は300~500程度なので、7,500~12,500程になる計算です。
今の環境でアイテム一個でこのダメージは正直使いどころがありません。
(熾天使の花冠を装備したら化けるかも・・・)

「暴走した魔力」が発動していればまた話は違ってくるとは思いますが・・・


最後に

今回はスキルの説明文を読めば書いてあることをだらだらと書いてみました。

前回ちょっと頑張ったので、休憩回ということでお願いします。

字、数字だらけで見辛かったでしょうがここまで読んでくれてありがとうございます。

では今回はこの辺で。



深淵の回廊(庭園)

16発目です。よろしくおねがいします。

今回はイベント「深淵の回廊」にて、庭園の狩り風景をお見せしようと思います。

本題に入る前に・・・
ブログを始めてから、リンクに関してのコメントをいくつかいただいていたのですが・・・
今回ようやくリンクを張ることを覚えたので、紹介します。

可愛らしいイラストがのったROの日記を書かれている☆ナナマル☆さんのブログです。

同じFc2ブログとは思えないほど手の込んだブログを書いているAS大好きな蒼井さんのブログです。

とりあえず今回はお二方の紹介を。


さて本題です。

タイトル通り、深淵の回廊の庭園に挑みます。

庭園のモンスターは
 疾風のラタトスク 
 疾風のパルス 
 暴風のガラパゴ 
 エルヴィラ 
 MVPボスの無慈悲なジオイア 

以上の5種類です。
MVPは回廊の時と同じく無視をしまして・・・

このマップは名前からもわかる通り、すべてのモンスターが風属性です。
(エルヴィラも)

本来なら弱点のアーススパイクなどで攻めたいのですが・・・

アーススパイク

こんな感じに反射でダメージを受けてしまいます。

なので今回はオートスペルルーンナイトなのに、物理ダメージをメインとして狩りをしようと思います。

装備はこちら

庭園1

前回作ったゴーレムカード、サイドワインダーカード刺しの魔導剣。

肩掛けと靴はいつも通りですが、ボルトが出ないため効果が腐ってしまうマジカルリングを、魔力増幅リングに換装しました。
魔力増幅リングにはオウルバロンカード(オートスペルレックスエーテルナ)とスカラバカード(Matk+20、MaxSP-1%)を刺しています。

特筆すべきは次の二つ

まずは+9エクセリオンスーツ<A-Int><A-ASPD><C-Life>

このスーツを着るとエクセリオンスーツの効果のほかに
・純粋なIntが10上がるたびにMatk+15
・Aspd+1
・5秒ごとにHP+250
の効果が付きます。

自分のルーンナイトはIntが120なので、Matkが180も増えます。

こちらは知人からの借り物なのですが、いつも使う勇者のプレートよりもMatkの加算値が高いので、より通常攻撃を強化できます。

基本的にストームガスト、ヒールが出る勇者のプレートを使うのですが、ボス属性ではないモンスターがいる一般フィールドのような、凍結・ノックバックが邪魔なマップで使える装備だと思います。

もう一つはサマーパッケージ2016に入っている中段装備「熾天使の花冠」
Intが高いほどAtkが上がるという面白い装備です。
天使の花冠

詠唱は伸びますがオートスペル型には詠唱は関係ないので、Intが120あるだけでAtk+250とヒール系の回復量+30%と驚異の効果を持つ装備になります。

以上の装備を使って狩っていきます。

さて、庭園のモンスターはエルヴィラ以外のモンスターが魔法反射(マジックミラー)を使ってきます。
モンスターはPCが画面に入ると即マジックミラーを使用するため、魔法で戦うのは非常に危険です。

なので今回はスリサズルーンの通常攻撃3倍、サイドワインダーのダブルアタック、オウルバロンカードのオートスペル・レックスエーテルナで戦います。

予定では
・レックスエーテルナ か ダブルアタック の2倍ダメージ
・スリサズルーン の3倍ダメージ
・レックスエーテルナ と ダブルアタック の4倍ダメージ
・レックスエーテルナ か ダブルアタック と スリサズルーン の6倍ダメージ
・レックスエーテルナ と ダブルアタック と スリサズルーン の12倍ダメージ
が出るはずです。

ここでマジックミラーについて少しお話を。
RO未実装システム情報wikiにマジックミラーの説明文がのっていたのでペタリと。

マジックミラー(Magic Mirror)
スキル使用後30秒間は、決まった確率で
自分に影響を与えるすべての魔法(全体魔法含む) を反射するようになる。
※「プラチナシールド(盾)」のオートスペルでも使用可能。
スキルレベル12345
反射確率(%)20406080100

この説明文には、「すべての魔法を反射する」と書いてますが、これはダメージ判定のある魔法だけのようです。
オウルバロンカードで出るオートスペル、レックスエーテルナは反射されなかったので、デバフをかける魔法は通るみたいです。(体感での話で未検証です)

以下が各ダメージです。
○通常攻撃
通常

SSは未付与ですが、エンチャントブレイドによるダメージアップが大きいため、付与をしても2,800ほどにしかなりません。

○ダブルアタック(5%)DA.jpg

サイドワインダーのダブルアタックはLv1の発動なので、発動率は5%と低いです。

○レックスエーテルナ(消えかけの4698ダメージです)
LA.jpg

オウルバロンカードのオートスペル・レックスエーテルナも発動率は3%と低めに。
もう少し出てくれれば派手で楽しいんですが・・・

○スリサズルーン
スリザス

今回使った確率発動では一番高いスリサズルーン。
発動率は15%となっています。
が、通常攻撃と同じダメージ表記にエフェクトも出ないのでとても地味です。

○スリサズルーンとダブルアタック
スリザスDA

15%で出る効果に5%で出るスキルが必要なので、あまり出ません。
(1体に1回出ればいい方)
ダメージ自体はいい数字が出ていると思います。

肝心の最大ダメージが出る攻撃は30分の間に1回も出ませんでした。
最後のSSのダメージにレックスエーテルナが乗るので28,000程出る計算ですね。


前回勢いに任せて作った魔導剣ですが、使ってみるととてもStr20の通常攻撃とは思えませんね。

熾天使の花冠が出たおかげで、Intを120ふるキャラクターは比較的容易にAtkを確保できるようになりました。
が、エンチャントブレイドやコンセントレイション、各種ルーンのような優秀なバフスキルのおかげで、通常攻撃のダメージがここまで出るようになるのはルーンナイトならではだと思います。

正直ここまで無理やりに狩る必要もないのですが、魔導剣ルーンナイトが好きなので仕方ないですね。

これからマジックミラー持ちのモンスターを狩る機会があるかはわかりませんが、次の機会もこのように殴り倒していきたいです。

おまけ

今回のおまけはイグニッションブレイクのダメージ比較を。因みに未付与です。
こちらはカルデュイの耳を付けた場合のイグニッションブレイク。

IB1.jpg

ダメージは7,820ですね。貧弱過ぎてCT2秒もあって使えたものではないです。

次は熾天使の花冠。
IB2.jpg

ちょっと見難いですが15,370ダメージ出ています。

実に2倍のダメージが出ていますね。それでも威力は低いですが・・・カルデュイの耳に比べたら相当使えるようになったと思います。


最後に。

毎回記事を更新するごとに、面倒な説明を盛り込んだり、周りくどい書き方になってきている気がします。

もう少しさっぱりと、わかりやすく書けたらいいのですが・・・

深淵の回廊もあと2マップとなりましたが、残りの2マップは討伐しようか迷っています。

というのも敵モンスターが回廊・庭園より強力なのに、討伐数は桁違いであり、さらには回廊・庭園の討伐報酬と同じ報酬しか受け取れないらしいのです。
なので戦っている風景は紹介するつもりですが、討伐は恐らくしないでしょう。

「深淵の回廊」自体は7月12日まで続くそうなので、それまでには記事にしようと思います。

それでは今回はこの辺で。

魔導剣作成?

はい、15発目です。前回の記事の数を数え間違えていました。※修正済みです
(恥ずかしくて消えてしまいたい)

気を取り直して、今回は以前紹介した「深淵の回廊」で、魔法反射をしてくる敵用の武器をつくるべく、魔導剣を作成します。

材料はこちら。

・エクスキャリバー
・マジカルブレード(s2ors3)
・センチピード幼虫カード
・神秘のルーン原石×50個
・Ⅰ,000,000z

以上の材料を持って、イズルード東の建物内にて製造してもらいます。
(要クエスト:海底神殿調査団)

この材料の1つ「マジカルブレード」これがs2だと一定確率で製造失敗になります。

s3だと100%製造できるのですが、s3マジカルブレードはスロットエンチャント(SE)のS級です。
ドロップをするモンスターもいるにはいるのですが、数を倒せるような敵ではありません。
(ゲフェン魔法大会にて)

現在エクスキャリバーにSEがきていますが、s3エクスキャリバーで作れるかは不明です。
もしできてもコスト的にもまったく意味ないですね。

今回はエクスキャリバーの産出がなく手持ちの1本しかありませんでした。

なので100%成功させるためにマジカルブレードのSEに挑戦したのですが・・・

露店のブラディウム代に手数料2,000,000z
マジカルブレード10本を爆破したところで資金が尽きてしまいました。
確率はわかりませんが、貧乏人には非常にきつい確率です。

なので今回の記事はここまでとさせてください。

この話は後日、材料がそろってから・・・






おや・・・?

手持ち魔導剣

おやぁ・・・?

+9魔導剣

出来ました。

やってしまった感が半端ないですが、魔導剣ひいてはs3マジカルブレードができなかったのが悪いのです。

さてちょっとだけ説明を。

ゴーレムカードを刺している時点でお気づきかと思いますが、スリザスルーンを使う予定です。

スリザスルーンの効果
・Str+30
・一定確率で通常攻撃が3倍
・一定確率で武器が破壊される

魔法オートスペルを信条とする自分としては、スリサズルーンを使うのは非常に心苦しいですが、あるものは使おうの精神で行きます。

もう一枚はサイドワインダーカードです。

ダブルアタックがLv1または習得レベルで発動します。
本家はパッシブですが、一応物理のオートスペルになるのかな・・・?

他の装備など詳しくは次回以降に説明しようと思います。


なお魔導剣の製造過程は一応記事にするつもりです。
丁度自分のルーンナイトは海底神殿調査団をクリアしていないようなので、そのことも踏まえて紹介したいと思います。

あくまで材料が揃ったらになりますが・・・
箱から材料や完成品が出るとはいえ、出回らなさすぎな気がしますね。


最後に

少し自分語りになってしまいますが、仕事の都合上「記事を書く」「コメントに返事を返す」という作業を深夜に行っています。

そのせいか「深夜のテンション」による副作用も出ているかと思いますが、察してもらえるとありがたいです。

また最近コメントを頂けるようになってきたので、コメントの返事が遅れる事への謝罪もここでさせてください。申し訳ありません。

では今回はこの辺で。

火力考察

14発目になります。よろしくどうぞ。

さて今回はオートスペル装備の火力について語ろうと思います。
(今回の記事にはSSがありません。文字だらけになります)

前回の記事についたコメントにて「魔導剣と、レインボウにMatkありの3枚刺し武器どっちがいいのか」みたいな質問をいただきました。

実はこの話・・・というか火力については、記事にしようか迷っていました。

オートスペルを楽しむ人には、発動するオートスペルの種類を増やして楽しむ人がほとんどだと思ったからです。

でも丁度コメントもいただきましたのでつらつらと書いていきます。


オートスペルでの火力比較は「発動率」の存在のせいで通常の比較より面倒です。

以下に記載する方法は自分がオートスペルでの火力比較する方法です。


簡単にいうと「対象モンスターを100回ないし1000回叩いた総ダメージ」を計算し比較します。


分かりやすいように「ブギスギス」で例えますね。

まず装備の比較候補を上げます。今回は以下の二つ
・+6茨のヘアバンドと+7魔導剣(レッドペロスカード、ラウレル=ヴィンダーカード)
・+7レインボウと+7魔導剣(レッドペロスカード、ラウレル=ヴィンダーカード)

そしてシミュレータなり実際に殴ってみて、それぞれの大体のダメージを持ってきます。
(大体はシミュレータに打ち込むとでてくると思いますが)

今回はブギスギスなのでブギスギスを叩いた場合の通常攻撃、ファイアーボルト、コールドボルト、ファイアーボール、フロストノヴァのダメージを拾ってきます。

以前の紹介記事から
○+6茨のヘアバンド時
 通常攻撃          2,000
 ファイアーボルトLv5   25,000
 コールドボルトLv5    13,000

○+7レインボウ時
 通常攻撃          1,800 
 ファイアーボルトLv7   28,000
 コールドボルトLv7    16,000 
 ファイアーボールLv7    4,000
 フロストノヴァLv7     2,000

今回は1%を下回る発動率を持つオートスペルがないので、以上のダメージで100回殴った総ダメージを計算します。
(+7魔導剣のオートスペル発動率は10%なので10をかけています)

○+6茨のヘアバンド時 攻撃回数100回
 通常攻撃         2,000×100=200,000
 ファイアーボルトLv5  25,000× 10=250,000
 コールドボルトLv5   13,000× 10=130,000 
 
 計           580,000
 
(+7レインボウのオートスペル発動率は6%なので6をかけています) 
 
○+7レインボウ時  攻撃回数100回
 通常攻撃         1,800×100=180,000
 ファイアーボルトLv7  28,000×  6=168,000
 コールドボルトLv7   16,000×  6= 96,000
 ファイアーボールLv7   4,000×  6= 24,000
 コールドボルトLv7     2,000×  6= 12,000
 
 計          480,000 

上の計ダメージを攻撃回数の100で割ることで、攻撃1回当たりのダメージ期待値がわかります。

比べてみると+7レインボウのほうがボルトのダメージは高いですが、発動率の関係で総ダメージが劣ることが分かります。

つまりブギスギスに対して、あくまで単体火力だけいえば+6茨のヘアバンド・+7魔導剣のほうが強いことになります。


さて、コメントでいただいた質問では「+7魔導剣のセット効果を使ったダメージを、+7以上のレインボウのセット効果を使ったダメージが上回ることがあるのか」というものです。

細かい詳細は無視しますが、前提として+7魔導剣はセット効果を2つ、+7レインボウのセット効果を3つとして考えていきます。
また魔導剣の方の空いている頭装備には+6マジカルフェザーを使っています。

前者は上の計算を持ってきます。
対象モンスターは火、水、風、地が等倍を取れる念属性で計算します。

まずは+7魔導剣

○+6マジカルフェザー時 攻撃回数100回
 通常攻撃         2,000×100=200,000
 ファイアーボルトLv5  13,000× 10=130,000
 コールドボルトLv5   13,000× 10=130,000 
 
 計           460,000

次に+7レインボウです

○+7レインボウ時  攻撃回数100回
 通常攻撃         1,800×100=180,000
 ファイアーボルトLv7  16,000×  6= 96,000
 コールドボルトLv7   16,000×  6= 96,000
 アーススパイクLv7   16,000×  6= 96,000
 ファイアーボールLv7   2,000×  6= 12,000
 コールドボルトLv7     2,000×  6= 12,000
 ヘヴンズドライブLv7  10,000×  6= 60,000
 
 計           552,000

どうやら等倍属性に対しては、+7レインボウのセット効果が3つ発動する時、+7魔導剣のダメージを上回るようです。
(ちなみにレッドペロスカードかラウレル=ヴィンダーカードをヒルウィンドカードにするとさらにダメージが上がります)

+7レインボウのセット効果が2つの時、上の計から仮にファイアーボルト、ファイアーボールの合計108,000を引くと444,000になります。

つまり+7魔導剣と+7レインボウを比較すると、武器Matkが同じ場合、武器に刺さっているカードが2枚であれば魔導剣が、3枚以上であればレインボウがダメージで上回ることになりますね。
(これでコメントの返答になるでしょうか・・?)


色々と数字を並べましたが、これはあくまでも期待値になります。

発動「率」ということから、運が偏りどちらも3回連続で出るのならレインボウの方が威力は勝るでしょう。
確殺の問題もあります。
バリオ・フォレストのように数種類の属性モンスターが生息する場所だと、ボルトの偏りなどで殲滅速度も上下します。

そのことを踏まえたうえで、今回の記事を参考にしていただければと思います。


最後に

今回の記事は非常に見辛かったと思います。

それでも書きたいことは書けたので満足しました。

結局のところ「シミュレータを回してください」みたいな回答になってしまった気がしますが・・・

今回のように質問や検証してほしいことがあれば、コメントに残してみてください。
できる限りで考察・検証させていただきます。
(持ってない装備も多く、資金も少ないため実際できるか定かではありませんが・・・)

それでは今回はこの辺で。

レインボウpart2

13発目になります。よろしくおねがいします。

レインボウの検証記事を載せてから、レインボウを検索して来てくださる方々のおかげで、閲覧数が増えているようです。
コメントまで残していって下さり、感謝感激です。

今回はレインボウについて細かいことを書いていきます。
一応考察回としますが、見なくてもいいほどの情報なのであしからず。

まず、前回+7レインボウを付けてバリオ・フォレストで狩りをしたのですが、その時気になったことを。

気になったことというのは、ファイアーボールとフロストノヴァの発動率です。

ファイアーボールとフロストノヴァはヘヴンズドライブに比べ威力が低く、火力といえるくらいのダメージが出ていませんでした。

少し脱線してここで前知識を。
魔導剣はアーススパイクを含むボルト系4種と、ソウルストライクがオートスペルで出る武器です。
全てレベル5で出るのですが、ボルト系に比べソウルストライクの威力が低いです。
それを補うように、ソウルストライクの発動率はボルト系に比べて2%程高くなっています。

話を戻します。
そこで自分は「ファイアーボール・フロストノヴァはファイアーボルト・コールドボルトより発動率が高いんじゃないか」と思いました。

なので・・・

検証おまけ

追加の千本ノックです。

おなじみの変なヒドラさんを1000回殴りました。

結果がこちら。

○+7レインボウ 総攻撃回数1000回

 ファイアーボルト  61回発動  発動率6.1%
 コールドボルト   66回発動  発動率6.6%
 ファイアーボール  66回発動  発動率6.6%
 フロストノヴァ   65回発動  発動率6.5%

どうやら前回検証したライトニングボルト・サンダーストームと同じく、約6%くらいのようです。
虫がいい話でしたね。

しかし敵を凍らせるフロストノヴァはともかく、付随効果のないファイアーボールがこの確率なのは、個人的に少し納得がいきません。
火力としてはヘヴンズドライブ・サンダーストームに明らかに劣っています。

このままだとファイアーボールは完全なはずれ枠になりそうですが・・・
火属性はグレイブクラウンマミーやフレイムグローブなど、威力を上げるのが容易なのでそのせいかもしれませんね。(地属性にはアークエルダーカードがありますが)

次の話題へ

ウォーターボールのHIT数を調べてきました。本当はダメージも比べればよかったのですが、+6以下で検証をしていないので許してください。

クローンスキルでドレイクからウォーターボールLv10がとれたそうです。
その時検証した人、またその情報を見た人は知っているかも

場所はグラストヘイム地下水路02になります。

ウォーターボール

これで殴って・・・

ウォーターボール2

ログを数えます。

結果は25HIT。
ウォーターボールの1~5までの倍率は130%から30%ずつ上がるようなので、ウォーターボールLv7は1発310%を25HITということでしょうか。
因みにウォーターボールLv4とLv5も25HITになります。

ダメージは申し分ないのですが、問題はやはり使う場所ですね。
弱点の火属性、等倍の地属性がいて水場があるところがここしか思いつきませんでした。


最後に

今回はあまり役に立たない情報になってしまいました。

検証で疲れた後の小休止と思っていただければ・・・

コメントをたくさんもらっていますが、語彙力が足りないためおかしな返事になっているかもしれません。
察していただけると助かります。
(ブログ始めてからこんなことばかり言ってますね)

では今回はこの辺で。

+7レインボウ狩り風景

12発目となります。よろしくおねがいします。

前回書いた通り今回は、+7レインボウを装備したバリオ・フォレストでの狩り風景を張り付けていこうと思います。

発動率の方は、動画などで実際殴っているところを見ないと伝わらないと思うので、ダメージを見るだけになってしまいますが、見てくれたらうれしいです。

装備はこんな感じです。

レインボウバリオ1

前記事「魔導剣ルーンナイトの狩り風景」で紹介した装備の、茨のヘアバンドを+7レインボウに換装しただけですね。

さらに今回はもう一本の魔導剣を持っていきました。

バリオ魔導剣

左の魔導剣がティクバラン用、右の魔導剣がエンカント・ブギスギス用です。

この2本の魔導剣を持ち替えながら戦っていきます。

おさらいになりますが、+7レインボウで発動するボルト系、範囲魔法系はレベル7で発動することになります。

つまり・・・

レインボウバリオ2

ファイアーボルトがこのダメージに。

茨のヘアバンドの時は約25,000ダメージ。おおよそ3,000のダメージアップです。

次はコールドボルトです。

レインボウバリオ3

茨のヘアバンドの時は約13,000ダメージ。こちらも大体3,000のダメージアップに。

対ティクバラン用のアーススパイクも

レインボウバリオ5

26,000程出ました。+4魔導剣なので+7レインボウと1%くらいの差しかないため、ティクバランに対してはこちらの方が楽に倒せます。

ボルト系3種はマジカルリングの影響もあり、弱点属性は30,000に届こうというダメージまで上がりました。
高ダメージが滝のように出るのを見るのは楽しいですね。

さてここまでは魔導剣でも出ていた魔法ですが、次からレインボウのおかげで出るようになったスキルです。

次は範囲魔法系のダメージを見てみましょう。

といっても、ファイアーボールとフロストノヴァはどちらかというとダメージソースになる魔法ではありません。
レベル7が発動するといっても・・・

レインボウバリオ8

こちらの4,467がファイアーボールLv7のダメージになります。

フロストノヴァはこのくらい。

レインボウバリオ4

2,000しか出ていません。

火属性が弱点なことを考えると、ファイアーボールと大体同じダメージですね。
レベルの割には貧弱に見えます。

この2種類に比べると、ヘヴンズドライブが際立ちます。

レインボウバリオ6

フロストノヴァの10倍、同じ弱点のダメージだったファイアーボールの5倍のダメージですね。

このくらいのダメージが出るのなら、囲まれても怖くなさそうです。

使ってみた感想は、ボルトのダメージが大きく上がり、気持ち良く狩れました。
ずっと魔導剣を使ってきた身としては、真新しいオートスペルが見れて楽しかったです。

ただやはり発動率に難があり、同レベルの魔導剣と比べると密度が薄い気がしますね。
(あくまで魔導剣と同じ2枚刺してある状態の話です)

おまけ

ウォーターボールもこんな感じに

レインボウバリオ7

ログを数えようとしたんですが、数が多くてやめました。
これに先日実装されたポロロッカシューズを履いたら、面白いことになりそうです。
(ポロロッカシューズは持っていないので試せませんでした)

まぁ・・・使う場所が見当たりませんが・・・


最後に

4発目に書いた記事とほとんど変わらない感じになってしまいましたね。

+7レインボウを試すためにバリオ・フォレストを選んだのは、1回紹介したところのほうが違いが分かりやすいと思ったからです。

しかしSSだとやはりダメージの違いまでが限界ですね。

動画が取れればもっとオートスペルの魅力を伝えれると思うのですが
ソフト?を導入するまとまった時間が取れません・・・

なおコメントでサーバーの話が出ましたので、PC表示のブログの右上にあるプロフィールに書いておきました。

では今回はこの辺で。

レインボウ

11発目は考察回になります。

今回はコメントでも教えてもらったラグ缶に入った上段装備、「レインボウ」について語ろうと思います。(今回は数字だらけの記事になってしまいました。)

まずは説明文をぺたり

レインボウ

長い説明文で困りました。

まとめると

「知恵の王の指輪」と共に装備時、ウォーターボールLv4

「ピットマンカード」と共に装備時、アーススパイクLv4ヘヴンズドライブLv4

「ヒルウィンドカード」と共に装備時、ライトニングボルトLv4サンダーストームLv4

「ラウレル=ヴィンダーカード」と共に装備時、コールドボルトLv4フロストノヴァLv4

「レッドペロスカード」と共に装備時、ファイアーボルトLv4ファイアーボールLv4

それぞれオートスペルで発動します。
またレインボウの製錬値が+5以上の時、1上がるごとに発動率と発動Lvが上がっていきます。
(+5の時発動レベルは5になります)

では気になる発動率の検証を。

知恵の王の指輪と一緒に装備して少し殴ってみたのですが、やはり足元が水場じゃないとウォーターボールは発動しないようなので・・・

レインボウ検証

こんな感じの装備で波打ち際からつんつんします。
(SSでは+5ですが+4から検証しています)
1000回殴って精錬を繰り返した結果、+7まで調べることができました。

ここから数字だらけになります。ご了承ください。

まずは+4です

○+4レインボウ 総攻撃回数1000回
 
 ライトニングボルトLv4   31回発動  発動率3.1%
 サンダーストームLv4    31回発動  発動率3.1%
 ウォーターボールLv4    30回発動  発動率3.0%

役3%になりました。さすがに物足りない感じですね。

参考がてらに、+4魔導剣の発動率は約7%となっています。

因みにオートスペルが発動する装備でスキルの種類が被ってしまったとき、スキルレベルの高いほうが適用されます。

例えば+4魔導剣と+4レインボウを装備すると、ボルト系のレベルと発動率は魔導剣の物が有効となります。

これはレインボウが+5になっても適用されるらしく、発動レベルは同じレベル5ですが、発動率は順番を変えてつけても魔導剣の確率になりました。(同レベルの場合は確率が高いほうになるのかな?)

では続いて+5の発動率です。

○+5レインボウ 総攻撃回数1000回
 
 ライトニングボルトLv5   49回発動  発動率4.9%
 サンダーストームLv5    53回発動  発動率5.3%
 ウォーターボールLv5    55回発動  発動率5.5%

役5%でしょうか、+4より2%も増えましたね。
このとき自分は製錬値1に付き2%もあがるのか!と舞い上がっていました。

続いて+6です。
魔導剣を使う場合は、ここから魔導剣のセット効果が発動しなくなります。

○+6レインボウ 総攻撃回数1000回
 
 ライトニングボルトLv6   58回発動  発動率5.8%
 サンダーストームLv6    60回発動  発動率6.0%
 ウォーターボールLv6    61回発動  発動率6.1%

+5よりも1%増といったところですね。
スキルレベルも上がったことにより、だんだん派手になってきました。
なおウォーターボールは最高レベル5のスキルですが、説明文通りにLv6と書いています。

ここまでくると、1回ごとのエフェクトが長くて、数えるのが大変でした・・・

最後に+7ですが・・・1000回叩いてみたところ、+6と大差がない結果になってしまいました。
なので念のため、もう1000回追加して2000回叩いてみました。

○+7レインボウ 総攻撃回数2000回
 
 ライトニングボルトLv7   126回発動  発動率6.3%
 サンダーストームLv7    135回発動  発動率6.7%
 ウォーターボールLv7    122回発動  発動率6.1%

結果は2000回叩いても変わりませんでした。
考えれる要因は

・+6から+7はスキルのレベルが上がるだけ、もしくは誤差の範囲
・+5と+6が運がよかっただけ
・+7の運が悪かっただけ

のどれかになると思います。
(個人的には真ん中だと思われます)

こんなことならもう少し殴っておくんでしたね。

おまけ

ウォーターボールは確かめていませんが、同じようにスキルの最高レベルが5のアーススパイクとヘヴンズドライブは、しっかりレベル6、レベル7になっていました。(HIT数で判断しています)

+6レインボウ時
Lv6.jpg

+7レインボウ時
Lv7.jpg

小難しい話はこのくらいにして、せっかく+7ができたのでバリオ・フォレストにでも行ってきます。
行ったときのSSは次回に回そうと思います。
(といってもSSなので、ダメージの違いしか提供できませんが・・・)

最後に

今回レインボウの為にラグ缶を引いたわけですが、C賞の真ん中あたりとはいえ出てよかったです。

基本的に自分のリアルラックは壊滅状態なので・・・

精錬も無事+7まで成功して納得できるものができました。
が、検証というにはあまりにも腑に落ちない結果にショックが隠せません。
今回の記事では、このくらい出るんだなーと軽い気持ちで見てもらえたらうれしいです。
また機会があればちゃんと検証したいですね。

運営の皆様方には、今回のような「特殊な型をプレイしている人」も楽しめる面白装備を、一杯出してほしいです。

それでは今回はこの辺で。


深淵の回廊(回廊)

10発目です。今回もよろしくおねがいします。

早速ですが今回はタイトル通り、イベント深淵の回廊で行ける「回廊」での狩り風景です。

まずは会場へ。

深淵1

各町にいるこの方に話しかけます。

するとプロンテラ大聖堂へ転送してくれるので中に入り、一番奥の左側の部屋へ。

深淵2

その部屋の中の聖なる甲冑を調べ、盾に手をかざします。

転送先のマップにて、近くにいるシキナに話しかけてイベント開始となります。

深淵3

シキナから討伐または小討伐を受け、対象モンスターがいる「庭園」「祭祀場」「回廊」「旧市街地」に向かいます。

討伐をこなすと報酬として「亡国の硬貨」が手に入り、指定数集めることでアイテム交換をすることができます。
オーラが出ているキャラは報酬が1.5倍になるようです。

なお「庭園」と「祭祀場」のモンスターは魔法を、「回廊」と「旧市街地」のモンスターは物理を反射してくるようです。

今回はこの中の「回廊」での狩り風景になります。

まずは装備です。

深淵4

大体いつもの装備ですが、シロマ刺しマジカルリングをペンダントオブハーモニーにしました。
反射ダメージをペンダントオブハーモニーで出る「レノヴァティオ」と「サンクチュアリLv3」で回復する感じです。

肝心の反射対策ですが非常に簡単で、オーラブレード・コンセントレーション・エンチャントブレイドを使わないだけです。

もともとStrが低いため、バフを何もしないと素殴りは200程度しか出ません。
今回はそれを利用しようと思います。

回廊にいるモンスターは次の5種類
激震のドゥネイール
地を這うゴーレム
根付いた天下代将軍
ソヒョン
そしてMVPモンスターの将軍デヒョンです。

MVPは8時間湧きらしいので、無視していきます。(勝てないでしょうし)

深淵5

こちらが与ダメと反射ダメージです。

思った通り痛くありませんね。

こちらのファイアーボルトはこんな感じ

深淵6

得意の地属性なのでブギスギスと同じくらいのダメージが出ました。マジカルリングを1個外してこのダメージなので、魔法が相当有効なようです。

被ダメも与ダメも思った通りなので、そのままバシバシ殴っていきます。

深淵7

赤色ダメージが結構な数でてますが、勇者のプレートのヒールにレノヴァティオ、サンクチュアリで回復が余裕で追いつきます。

深淵9

激震のドゥネイール・地を這うゴーレム・根付いた天下大将軍は地属性なのですが、ソヒョンは風属性なため、コールドボルトがミスになってしまいました。

対風属性の魔導剣を持ってきて、持ち替えるのが一番よさそうですね。

イベントが始まってすぐなので人が多く、パッシブで単体処理しているとどんどん横脇して・・・

深淵10

こんな感じに。それでも被弾もあまりいたくなく、パイリングで耐えつつ・・・

深淵11

ストームガストで殲滅です。

そんなこんなで小討伐を達成し、亡国の硬貨を750個手に入れました。オーラじゃないと500個ですね。

予想通りのダメージで思った以上に楽に狩れました・・・が。
レベル130から入れる場所な上に、得意の魔法が弱点な敵なのでこうでなくては困ります。

問題は魔法反射の方ですね・・・
まぁ考えがなくはないですが、装備をそろえるところからになるのでまた後日記事にします。

おまけ

今回のラグ缶をみて衝撃を受けました。
次回はその装備について何か書けたらいいですね。
(手に入れば・・・)

最後に

前回の反動でSSだらけになりました。

さらにほかのユーザーのキャラを移さないようにSSを切り取ったのでかなりいびつに。

これからしばらく、深淵の回廊を記事にする時はこんな感じになると思うので、察してもらえると助かります。

では今回はこの辺で。





深淵の回廊

9発目です・・・が。

今日はちょっと時間がなかったので、本日アップデートされたイベントの紹介だけになります。

公式ページにも乗っていますが、ソロで遊ぶ分では討伐をして手に入るコイン?でアイテム交換ができるようですね。

セイヴザキング・・・魅かれる効果と名前です。

ページを斜め読みしたところ、全4か所でそれぞれ2種類の討伐ができるのかな・・?

知り合いに聞いたところ、魔法反射に物理反射をする敵がいるそうですね。

ぜひとも自分のルーンナイトで攻略してみたいです。

一応策はありますが、それはうまくいってから記事にしようかと。

今回はSSもなく、ほんの数行の更新でしたが次回から深淵の回廊に挑もうと思います。


では今回はこの辺で。

装備紹介

8発目になります。どうぞよろしく。

今回は、連日のリプレイからSSを取る作業につかれたので、軽めの記事を。

かなり前後してしまいましたが装備紹介をしようと思います。
(本来ならばステータスやスキルを紹介した後あたりにするべきだった気がします)

なおメインキャラ紹介にて紹介したルーンナイトが使う装備群になります。

まずは魔導剣です。

手持ち魔導剣

対地属性の魔導剣だけ+10です。

本来なら他の魔導剣も+7だったのですが、+10を目指した結果ホルグレンに叩き折られました。

+9魔導剣は製錬祭りでカードを外して以来、何を刺すか迷っています。

次に勇者のプレートを。

勇者のプレート

「オブエクセス」はエントヴァイエンカード。「暴走の」はアムダライスカードが刺さっています。(他は説明不要かと)

検証の時や、魔導剣ルーンナイトが動くときは大体「オブエクセス」を使っています。

「暴走の」は別のルーンナイト用。

「ホーリ」は主にサラの幻影用です。

残りの主要装備

装備その他

マジカルフェザーは+8が借り物で、自分のは+7のほうになります。
(検証では+8を使っています)

中段が3つありますが、大体はカルデュイの耳です。
強敵にはヴァルハラアイドルとの持ち替えで、熾天使の花冠は未検証です。(イグニッションブレイクが3倍くらいになった気がする・・・)

あとは毀損された古書カード刺しの肩に真化キマカード刺し知力の時空ブーツです。
セット効果のMaxHP+15%がとてもありがたいです。

そしてアクセサリー
アクセサリー

最近ではずっとマジカルリングを使っています。
ただハイドラランサーカード刺し「マジックイーター」装備は時々使います。

耐える時はペンダントオブハーモニーも使います。
(ペンダントオブカオスは使ったことありません)

マジックイーターフレイムグローブが二つあるのは、倉庫にあるのに気付かず作ってしまったものです。

貸し出し中でSS内にありませんが、リングオブフレイムロードとリングオブレゾナンスも持っています。

マジカルリングはまたラグ缶に入ってほしいですね。できれば追加でインプとシロマを1つずつ、エルヴィラを2つ。ハイドラランサーを1つ作りたいところです。

後は妄想の域を出ませんが、フレイムグローブの他の属性バージョンも出てきてくれたら嬉しいですね。

他にもスキルが出る装備は持っていますが、あまり使っていないため倉庫の上の方に固まってました。

今後は勇者のプレートを各属性揃えておきたいところです。
後は魔導剣ですね。全部+10になればいうことなしですが1本作るのに折った数を思い出せば、とてもじゃないけどやる気になれません。


おまけ。
majikarubure-do.jpg

魔導剣の材料になるマジカルブレードです。
数えてみたら80本近くありました。
どうにか処理しないといけませんね。


最後に

ブログを初めて早くも1週間を過ぎました。

今後のことも考えて今回は短めにしてみましたが、どうでしたでしょう。
書きたいこと、語りたいことはたくさんありますが、時間が足りませんね。


鍵付きのコメントをいただきましたが、どこでお返事すればいいのかわからないので、こちらでお礼を。
コメントありがとうございました。

では今回はこの辺で。




エンチャントブレイド

はい、7発目です。
この○発目、このままずっと言うべきかどうか悩んでます。

さて私事は置いといて、今回は考察回です。
ただ今回も魔導剣の時と同じく、オートスペル型というよりはルーンナイトよりの考察になってしまいます。

先日初めてコメントしていただいたときに、カルデュイの耳を装備していることに驚かれましたので、その理由を含めてつらつらと書いていきます。

お題はタイトルにあるようにエンチャントブレイド。
魔導剣の時同様、先人様方の情報+αで書いていきますのでよろしくおねがいします。

とりあえずスキルの説明文を

エンチャントブレイド説明

さらに「ラグナロクオンラインリニューアルデータ」に計算式がのっていたのでペタリ。

ダメージ増加分:魔法ダメージ+Int+Base/10-除算MDEF-減算MDEF+100+SkillLV*20
魔法ダメージ:ステータスMATK+武器MATK
ステータスMATK:Int+((Int/8)^3/40)+(Luk/3)
武器MATK:(武器MATK+精錬MATK)*(1+武器Lv/5)+過剰ボーナス
※上記の武器MATKは最高値。最低MATKはIntと武器Lvに依存する

説明文に書いてある通り、通常攻撃のみ上昇させます。

クリティカルは乗りますが、物理ダメージ上昇系(○○へ与えるダメージ+20%等)は乗りません。またクリティカルダメージ増加系ものらないようです。(未検証)

かわりに、The Signや魔力増幅リングのようなMatk+○%(魔法で与えるダメージ+○%)系、毀損された古書カードのようなMatk+○系は乗ります。

式に書いてあるように、エンチャントブレイドの上昇部分は相手のMdefで減少します。

がっつり簡略化すると、通常攻撃のダメージが(自分Atk-対象Def)+(自分Matk-対象Mdef)状態になります。

計算式を見つけて初めて知ったのですが、IntだけでなくLukも影響していたんですね。
(リニューアルデータとあるように古い情報だと思われるので今現在正しいか未確認です)
後日リセットできる機会があれば、ちゃんと検証したいです。

では実際のダメージを見ながら説明します。
今回殴られてくれるのは、イズルードにいるNPCからいけるお試し道場内のサンドバックマンです。
注意:様々な状況で殴った動画から、よさそうなのを選んで張り付けているため、キャラクターの向きやSSのサイズが揃っていません。少々見づらいですがご了承ください。

相手は地属性レベル4(○=有り、×=無し)

まずエンチャントブレイド×、付与×
EB×付与×

次にエンチャントブレイド○、付与×
EB○装備○付与×

さらにエンチャントブレイド○、付与○です。
EB○装備○付与○

最後に装備を付けずにエンチャントブレイド○、付与×(2枚目のSSと要比較)
EB○装備×付与×

このルーンナイトのステータスと装備で、サンドバックマンをたたくと、エンチャントブレイドだけでダメージが約1,700も上昇しています。

さらに1枚目2枚目3枚目のSSから、属性付与はAtk分にしか載ってないことが分かります。

2枚目と4枚目を比べると、装備で増えるMatk約500は600くらいのダメージ増になっています。
カルディの耳の有無で約200近くダメージが変わりました。

次は相手を変えてサンドバックマン念属性レベル4になります。

エンチャントブレイド×、付与×
念EB×装備○付与×

当たり前ですがダメージはほとんど通りません。念属性レベル4に対して無属性の攻撃は0%。
当たっているのは精錬値分でしょうか。40のダメージしか当たりません。

ここにエンチャントブレイドを使っていきます。
エンチャントブレイド○、付与×
念EB○装備○付与×

エンチャントブレイドをするだけで、約1,700上昇しました。
これは先の地属性レベル4の時とほぼ同じ上昇値です。

つまりエンチャントブレイドの上昇ダメージは、オーラブレードのようにサイズ補正、属性相性その他もろもろを全部無視し、最終ダメージに直接上乗せするタイプの物になります。

メリットともデメリットともとれる仕様ですが、魔導剣型ルーンナイトとしては
・Strが低くてもダメージが見込める。
・Matkを上げるため魔法オートスペルの威力も上昇する。
以上の理由から最上のスキルといえると思います。

後貧乏人から言わせてもらうと、付与しなくても狩りをすることができるので便利です。

エンチャントブレイド○、付与×、頭装備×
念EB○装備頭×付与×

また茨のヘアバンドやマジカルフェザーのような、「□属性に与えるダメージ+○%」のような条件付きの装備でも、対象の属性があっていれば乗るようです。(上のSSと要比較)

実は前回のGHMD2階にて、闇属性レベル4のモンスターを相手にしたとき、このエンチャントブレイドの上昇部分がバカにならないほど役立ちました。

さてここまで、同じようなSSと頭の痛くなるような話ばかりしましたが、エンチャントブレイドの凄さみたいなのが伝わってくれたらうれしいです。


ここからは現物がないので机上の空論になります。
・・・一通り話したのですが、一番最後に書いたことで一つ問題が起きました。
その問題がこちら。

エンシェントツリーカード

4473.jpg

魔法攻撃時、
不死形モンスター
へのダメージ + 10%
—————————————
系列 : カード
装備 : 武器
重量 : 1

このカードを魔導剣に差したら、エンチャントブレイドを使用時、
通常攻撃時、不死形モンスターに対してエンチャントブレイドの上昇ダメージ+10%
魔法攻撃時、不死形モンスターに与えるダメージ+10%
という効果になるのでは・・・

魔導剣が手に入ったら検証してみようと思います。
もし本当に上記のようになるのなら、さらにカードの選択肢が増えますね。
組み合わせによってはGHMDが楽になるかも・・・

以上で今回の記事を締めようと思います。
長々と書きましたが、ここまで見てくれてありがとうございます。お疲れさまでした。


最後に

考察回はやっぱりこうなってしまうんですね。

今回はSSも代り映えしないし、書いてるのも数字だけで、見るほうもあまり面白くなかったかもしれません。
でも書きだしたら止まらない状態になってしまったので、このまま載せようと思います。

次回はどうしようかまだ決まってませんが、また見てもらえたらうれしいです。

では今回はこの辺で。

グラストヘイムメモリアルダンジョンpart2

6発目です。

今回もよろしくおねがいします。

では前回でも書いた通り、今回もGHMDの様子をぺたぺたと。
(前回よりもSSだらけになっています。)

装備はこちら。

GHMD2F.jpg

単体火力を重視しつつ、ヴァルハラアイドルでセイフティウォールをオートスペルで発動します。(セイフティウォールが発動した後、カルデュイの耳に持ち替えをしています。)

varuhara.jpg

1階にも出た弓兵に兵士も出てきますが、ここから闇属性レベル4の「堕ちた白の騎士」と「呪われた騎士」が出てきます。

とはいえ彼らはボス属性なため、ストームガストでノックバックしません。

ひたすら殴り続けられ位置ずれも起きないため、弓兵や兵士よりも楽にいくでしょう。

GHMD2F1.jpg

GHMD2FFB.jpg

GHMD2FCB.jpg

ともったらこの硬さ!

上からストームガスト、ファイアーボルト、コールドボルトの与ダメージです。

調べてみたらこの方、Mdefが除算300減算73もありました。(約70%カット)

メイン火力のボルト2種がまさか1,000も出ていません。

これは時間がかかりそうです・・・

GHMD2FSG.jpg

堕ちた白の騎士はMdefが意外と低くストームガストで約1,400。7,000を超えたダメージは呪いのカーリッツバーグです。

Mdefが低いといっても堕ちた白の騎士は、カルデュイの耳を付けても素殴りで倒すのに30秒近くかかりました。(支援込み)

それでも一緒に来てくれたABさんがとても上手だったので、時間をかけつつもロイヤルガードを召喚。

服を闇属性ヴァルキリーアーマーに着替えて、ひたすら殴ります。

roiyaruFB.jpg

不死属性なのでダメージが結構通ります。それでもMdefが高く(約60%カット)このダメージ。
セイフティウォールで守りながら押し切り、無事撃破。

続いて右側です。やることは同じなので割愛・・・

GHMD被ダメ

1pero.jpg

したかったのですが、見事に死にました。

魔導剣が両手剣なため盾が持てない上に、肩掛けも火力装備なので被弾がとても痛いです。

1対1じゃないときついのに2体の白の騎士を抱えたりしたせいです。
教訓:敵を集めるのは以下略

ブランディッシュスピアで約21,000も減っていました。(このRKのMaxHPは約35,000です)

それでもABさんのおかげでどうにかロイヤルガードを撃破。
この時点で時間は50分を超えています。

急いで最後のアムダライス戦へと進みます。


装備は冒頭に張った装備の鎧を、闇属性ヴァルキリーアーマーに変えた状態です。

戦い方は変わらずセイフティウォールが出るまでヴァルハラアイドルで殴り、ABさんかオートスペルのセイフティウォールが出たら、カルデュイの耳に換装します。

正直な話他職でもそうだと思いますが、アムダライス戦が一番楽です。

まず弱点が付けます。そしてセイフティウォールがあれば、とりあえず死にません。

アムダFB

GHMDに来て初めて気持ちのいいダメージが出せた気がします・・・

コールドボルトも等倍なのでなかなかいいダメージが出ました。

ぜいたくを言えば、闇属性鎧がヴァルキリーアーマーなのでストームガストが発動せず、時間がかかりました。次の機会までに用意できたらいいですね。

そんなこんなで殴り続ける事約3分。

アムダライス撃破

無事撃破しました!

時間もギリギリで、ABさんにたくさん助けてもらいながらも、何とかクリアです。
(ドロップは気にしない方向で)

いろいろ足りない装備があることもわかり、クリアするための準備などやることが増えてしまった気がしますが、不向きな魔導剣ルーンナイトでもクリアできることが分かりました。

後は無駄を省き立ち回りを考え、いつかはソロでクリアできればいいなと思います。


最後に

2回に分けてGHMDの様子を紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

SSはリプレイ機能のスロー再生を使って取っていますが、慣れない作業に四苦八苦しております。

そのうちもっときれいな物がとりたいですね。

後は、読みやすいようにと行間を開けているのですが、意図している通りになっているか心配です。
いくらかまとめたほうがいいかな・・・

一緒に遊んでくれたABさんには、とても迷惑かけました!深く感謝を!

では今回はこの辺で。
なお、次回は考察回の予定。

グラストヘイムメモリアルダンジョンpart1

はい、5発目になります。
よろしくどうぞ。

今回も日記回です。

先日、別キャラのギルドメンバーであるアークビショップ(AB)さんと、グラストヘイムメモリアルダンジョン(GHMD)に行ってきました。

その様子を2回に分けてペタペタと張っていきたいと思います。

支援を受けた状態ですので、そのつもりでご覧ください。

今partは1Fのボス誘いの魔眼までのSSです。

GHMD装備

まずは装備紹介です。

今回は敵がたくさんいるので、範囲攻撃で攻める感じにしてみました。

出るオートスペルは物理攻撃命中時、ファイアーボールLv5ファイアーボルトLv5コールドボルトLv5ストームガストLv10ヒールLv10、サイキックウェーブLv1、フロストノヴァLv10バイオレントゲイルLv1ロードオブヴァ―ミリオンLv1ホーリーライトLv1になります。
被弾時にスクリームLv1が発動して、魔法攻撃攻撃命中時に魔力増幅Lv1、ファイアーボルトLv5が発動します。

範囲魔法からのファイアーボルトが連鎖で発動するのを狙っています。
が、全部で12種類のオートスペルが発動することに。

私事ですが、SSを取るのが大変でした・・・

では最初のゾンビ地帯。

GHMD1.jpg

叫喚の庭園師、腐っていく鍛冶屋、恨みのメイドともに属性相性は悪くなく、ダメージはそれなりに通ります。

上のSSはストームガストですね。

GHMD3.jpg

まっっったく分かりませんが、ロードオブヴァ―ミリオンが出るとこんな感じになります。

本来ならゾンビに囲まれて戦う格好いいルーンナイトが映っています。

正直1Fの東西は支援もあって、苦戦はほとんどしませんでした。

さて次は問題のレイドリック地帯。

GHMD4.jpg

GHMD5.jpg

GHMD6.jpg

腐敗した兵士、飢えた兵士、徘徊する弓兵、凶暴な弓兵は闇属性レベル2です。

火属性、水属性、風属性、地属性のダメージがそれぞれ75%まで下がります。

Strを上げていないため、オートスペルでゴリ押しするしかありません。

幸いなことにサイキックウェーブが無属性なため、何とかクリアできました。(2枚目のSS)

さらにサイキックウェーブから、魔法攻撃判定でファイアーボルトが出ている様を運良く取れてよかったです。(3枚目のSS)

ロードオブヴァ―ミリオンはこのために発動するようにしていたのですが、バイオレントゲイルの上ですら800程度しかダメージが入りませんでした。

左側の弓兵を処理してからだったので、下の広間の兵士の大群を処理する前に、誘いの魔眼が出現。

1Fの最大の難関、誘いの魔眼戦です。

誘いの魔眼の何がきついかというとそのかたさ。

Defが乗算333減算124、Mdefが乗算333減算90になります。

前者はABさんがいれば、エクスピアティオで防御無視100%になり気にならないのですが、あいにく魔法防御を100%無視にする魔法はありません。

調べたところ、魔法の威力が70%近く削られてしまうようです。

装備をこのように変えて・・・

sasoi装備

(画像を張り付けて気づきましたが、頭上段が意味ありませんね。

ここは茨のヘアバンドにするべきでした。)

魔導剣と勇者のプレートのオートスペルでゴリ押しします。

なんだかんだ言って、ブギスギスやエンカントと同じ地属性。
意外とあっさり行けるはず・・・

GHMDCB.jpg

エンカントには12,000出ていたコールドボルトもこのダメージ。

GHMDFB.jpg

弱点のファイアーボルトですらこのダメージ。(ホーリーライトと叫んでますがダメージはファイアーボルトの物です)
心が折れそう。

GHMDSG.jpg

頼みの綱のストームガストも1回2,000前後。全部あたっても20,000程です。

それでも遠くからABさんが、SWやヒール、速度ブレスの支援をしてくれてようやく・・・

GHMDMVP.jpg

ダメージ的にはファイアーボルトでとどめを刺しました。

属性相性よりも単純に魔法防御が高い敵のほうが苦手かもしれません・・・

大体3分くらい殴り続けたでしょうか。

この時点で23分を超えました。

時間的には半分行っていないのでクリアできそうですが、この先の2Fには闇属性レベル4の落ちた白の騎士、呪われた騎士が待ち構えています。

相性たるや、驚異の75%カット。

弓兵、兵士よりはるかに時間はかかるでしょう。

呪いのロイヤルナイト、苦痛のロイヤルナイトの出現時間によっては失敗の可能性もありますね。

2Fまで一気に乗せると記事的に長くなりそうなので、2Fからアムダライス戦までは次回に回そうと思います。(この時点でアムダライスまで到達できたというネタバレが・・・)

もうすでに反省点だらけですが、まとめ的なのは次回のおわりに。


最後に

前回の記事で、初めてコメントをもらうことができました!

気付いたときにはにやにやが止まりませんでしたね。

これからももっと、オートスペル型が好きな方が見に来てくれたらうれしいです。

また少ししたら考察回を挟もうと思っています。

では今回はこの辺で。

魔導剣ルーンナイトの狩り風景

今回もよろしくおねがいします。4発目ですね。

今回より、カテゴリーに「考察」と「日記」を追加しました。

本日は日記回となります。

さて今回は、前回紹介したルーンナイトの狩り風景をぺたぺたと・・・

レベルがカンストしちゃっていますが気にしないでください。このくらいのダメージは出るんだなぁ、くらいの気持ちで見てくれたらありがたいです。

装備ステータスはこんな感じ

装備ステータス

ステータスは以前紹介したままですね。

装備は検証に使った魔導剣に、カルデュイの耳、真化キマカード刺しの知力の時空ブーツ等々。

この装備で発動するオートスペルは、ファイアーボルトLv5コールドボルトLv5ヒールLv10ストームガストLv10となっております。

装備の中で特筆すべきはこちらのマジカルリングです。

majikaru.jpg

考察回で紹介しようと思ったのですが、魔導剣を使う上で威力を考えたらほぼ欠かせない装備となりますので、紹介させていただきます。

説明欄に書いてある通りですが、ベースレベルが165だと、マジカルリング1個でアーススパイクを含むボルト系の威力が33%も上昇します。

今回は二つ装備しているので合わせて66%上昇しています。

因みに背景からわかるかもしれませんが、バリオ・フォレストでのSSとなります。

FBH.jpg

こちらはファイアーボルトのダメージ

マジカルリングの効果に弱点なことも相まって、なかなかのダメージが出ます。

地味に勇者のプレートのヒールLv10も出ています。

見えてませんがイスルーンを使った状態で、3,200ほど回復します。

CB01.jpg

こちらはコールドボルトです。

地属性には等倍なので、ファイアーボルトほどではありませんがいいダメージです。

SG01.jpg

こちらはストームガストのダメージです。

1回発動すればこのダメージが10回でます。

囲まれて発動すれば、周りの敵は80,000近くのダメージが入ります。


上に張ったSSはエフェクトがほとんど入っていなく、ダメージだけのSSもありますが、これには理由がありまして・・・

何も気にせずにとるとこのようなSSになってしまいます。

CBFB.jpg

zenbu.jpg

上のSSはファイアーボルトとコールドボルトが

下のSSはファイアーボルトとコールドボルトとストームガストが同時発動しています。

ダメージを抜くのも大変で、それどころか自キャラも見えないありさま。

なのでわかりやすいようにダメージだけのSSを張り付けました。


レベルがカンストして以来メモリアルダンジョンばかりでしたが、やはりバリオはいいですね。実家のような安心感。

趣味職でも十分に楽しめるいい場所だと思います。

ただ再三書きますが、このルーンナイトはStrをほとんど降っていないため、範囲攻撃スキルが使えません。

イグニッションブレイクをしても

IB.jpg

このダメージ。

ブギスギスを倒すのに9~10発撃たないといけません。

ボーリングバッシュはこちら。

BB.jpg

Int=Dex=120なため、連射速度は速いですが、威力が悲しいですね。

因みにどちらも火属性を付与した状態のダメージです。

つまり範囲攻撃は、基本的にオートスペルのストームガスト頼みになります。

なので調子に乗っていると・・

piyori.jpg

こうなって・・・(見ずらいですがスタンしています)

dety.jpg

こうなります。

教訓:敵を集めるのはほどほどにしましょう。


最後に

日記回ということで、一般フィールドでの狩り風景を載せてみました。

が、考察回とはまた違った感じでひどくなりましたね。

もっと文章とSSのバランスを考えないといけません。

後気になるのはSSのサイズですが・・・しばらくこのまま続きそうです。

見難いでしょうけどご了承ください。

では今回はこの辺で。


魔導剣part2

3発目です。よろしくどうぞ。

今回も魔導剣について語ろうと思います。

とりあえず画像を貼り付けましょう。

madouken.jpg

これから書くことは、あくまで魔導剣単体での話です。

とりあえず見て頂きたいのは攻撃の数値です。

200と結構高く、ツヴァインハンダーや正宗と同値です。

重量もツヴァインハンダーと同値の220。ですが、自分のルーンナイトはStrが20なため総重量が4100しかありません。

同じような型のルーンナイトには重く感じると思います。

また注意するところはStrペナルティーというもの。

魔導剣のStrペナルティーを解除できるStrは120となっています。

つまり、Strを補正込みで120振らなければ最大ダメージを出せません。

自分のルーンナイトはここを完全に捨てています。

Strが高いルーンナイトなら、特化カードを刺して特化ツヴァインハンダーのように使うことも可能です。

破壊耐性がないのでスリザリルーンや、ライゾルーンを使うならゴーレムカードを刺さなければなりませんが・・・

さて、以上の事から魔導剣を使うにあたって大事なのは、空いている二つのスロットに何を刺すかです。

せっかくの魔導剣なのでここではセット効果のあるカードについて話します。

基本的には公式の紹介文に書いてあるように、各属性に特化した魔導剣を数本用意するべきなのでしょうが、1本あたりの値段が意外と高く、過剰製錬も含めると複数集めるのは容易ではありません。

なのでとりあえず魔導剣を楽しみたい人には、汎用性の高いデスワードカードをお勧めします。

製錬値が安全圏でも発動率が高く、見た目も派手でいいです。

自分が最初に作った魔導剣は、デスワードカードとレッドペロスカードを刺しました。(叩き壊しましたが)

実家のバリオ・フォレストで使うためです。

この二枚を刺した魔導剣を担ぎ、ブギスギスやエンカントを殴るだけでも結構楽しめると思いますよ。


ではここから少し突っ込んだ話を。

各属性に対する特化魔導剣をつくる場合、対象Mobの弱点属性+等倍属性の組み合わせが一番ダメージが大きくなります。

つまり

火属性にはラウレル=ヴィンダーカード(コールドボルト)とヒルウィンドカード(ライトニングボルト)を

水属性にはヒルウィンドカード(ライトニングボルト)とピットマンカード(アーススパイク)を

風属性にはピットマンカード(アーススパイク)とレッドペロスカード(ファイアーボルト)を

地属性にはレッドペロスカード(ファイアーボルト)とラウレル=ヴィンダーカード(コールドボルト)を

不死属性にはレッドペロスカード(ファイアーボルト)とデスワードカード(ソウルストライク)を

念属性にはアーススパイクを含むボルト系1種にデスワードカード(ソウルストライク)を

毒属性にはアーススパイクを含むボルト系4種を使うのがいいと思います。属性レベルが4になると75%になり威力が下がってしまいますが、属性レベル3まで等倍が取れます。

問題は弱点を攻めれない聖属性、闇属性です。

魔導剣で発動するオートスペル全てが、闇属性は属性レベル2から、聖属性に至っては属性レベル1から等倍がとれません。

この2つの属性は、高精錬のボルト系2種でゴリ押しするか、オートスペルを当てにせず通常の特化武器で倒すしかないでしょう。

因みにソウルストライクは、不死属性以外に使う場合等倍ボルトのダメージに勝てません。

倍率が同じ100%であっても、総ダメージの低さを補うほど発動率が高くないからです。

冒頭でおすすめしたのは、ボルト系に比べて発動率が高いのと、ボルトでダメージが与えられない敵にも平均してダメージを与えれるからです。



さてここまで長々と書きましたが、魔導剣の楽しさは、動画を見て実際使ってみて初めて分かると思います。

セットのカードだけじゃなく他のオートスペルが出るカードも含めて、最初は好きなカードを刺して遊んでみるのが一番いいでしょう。

たまにはこういうピーキーな装備を使ってみるのも楽しいですよ。

少しでもこの記事を見て、魔導剣を使うルーンナイトが増えてくれたらうれしいです。

注意:色々書きましたが、当たり前の話ですが装備あるなし、運の偏りで結果は上下します。


最後に

連日投稿も3回目になりました。

このまま何日行けるかチャレンジしてみようかな。

まだ見てくれる人は少ないけど、見てくれた人がオートスペルに興味を持ってくれるよう頑張りたいです。

しかし・・・考察記事はどうしても数字や字だらけになってしまいますね。(考察というにはお粗末ですが)

もうちょっとSSを混ぜた記事を書こうと思います。

もう少しなれたら動画も投稿してみたいです。

では今回はこの辺で。

魔導剣part1

二発目です。

では今回もよろしくおねがいします。

今回と次回は魔導剣について書こうと思います。

といっても実装してかなり時間が立っているため、大まかな情報は調べれば出てくるでしょう。

他の方が検証してくださった情報にプラスして、改めて考察したいと思います。

まずは魔導剣の説明文です。

madouken.jpg

正直、説明文が長くて画像を張るかどうか悩みました。

要約すると、

デスワードカードを刺すとソウルストライクLv5

ピットマンカードを刺すとアーススパイクLv5

ヒルウィンドカードを刺すとライトニングボルトLv5

ラウレル=ヴィンダーカードを刺すとコールドボルトLv5

レッドペロスカードを刺すとファイアーボルトLv5

オートスペルで発動するようになります。

またこれらのオートスペルは精錬値によって発動率が上昇します。

今回はこの魔導剣の発動率について話をしたいと思います。


肝心の発動率は、未精錬時

アーススパイク・ライトニングボルト・コールドボルト・ファイアーボルトが3%

ソウルストライクが5%

製錬値が+1されるごとに1%ずつ増えていくそうです。

”いくそうです”というのは、調べても実際検証されている情報は+7までしか見つけられず、それ以上の確率は予測値だからです。

なので今回、この魔導剣でブラジリスの変なヒドラを殴って検証したいと思います。

+10魔導剣


予測ではファイアーボルト、コールドボルトともに13%になるはずです。

kensyou.jpg

こんな感じで2000回ほど殴ります。

2000回殴った時点で、ファイアーボルトが291回、コールドボルトが301回出ました。

%に直すと、ファイアーボルトが14.5%、コールドボルトが15%になります。

結構な数殴ったつもりですが運がよかったのか、どちらも予測値の13%を超える結果となりました。

2回~3回連続で発動したり、2つ同時に発動することも多く、+7と比べても体感で感じれるほど上昇しています。

運のからまない正確な数字を出したいので、これからも時々検証したいですね。

+8と+9は手に入れ次第検証しようと思います。


最後に

今回はお試しに字の色分けを使ってみました。

使いすぎなければ見やすくなると思うので、これからも適度に使っていきたいです。

ブログを書いていて思ったんですが、自分の書いた文章がインターネットの片隅とはいえ、形になるのを見ると楽しいですね。

やる気の続く限り続けたいと思います。

では今回はこの辺で。

メインキャラの紹介

記事が挨拶だけじゃ味気ないので、早速1発目です。

前記事でオートスペル型と書きましたが、まずは自分が一番気に入っている魔導剣を使うルーンナイトを紹介します。

細かな考察は次回以降にしようと思うので、今回は大まかな紹介だけ。

まずはステータスです。

ベースレベルは165 ジョブレベルは60になります。

ステータスr

魔導剣で発動するオートスペルを最大限発揮できるように振りました。

知力の時空ブーツの為にIntを120に、

カルデュイの耳の為にDexを120に、

Aspdが193になるようにAgiを振り、残りをStrとVitに振り分けました。

余りは気持ち程度にLukへ。

Strが低いため総重量が少ないだとか、Vitが低いためMaxHPが低いとか、問題がなくはないですが火力はなかなかにあると思います。


次はスキルです。

スキル

1次職、2次職は多分いらないでしょう。

ドラゴンに乗らないのは単なるこだわりです。

イグニッションブレイクまで取っていますが、ほとんど使いません。


最後にメインウェポンの紹介です。

無題

魔導剣です。

Matkも上がる両手剣で、特定のカードを刺すことでオートスペルが発動します。

精錬値で発動率が上がるので、高精錬を狙いたい装備です。

他の装備やステータス、スキルあたりの考察は冒頭で書いた通り後日にできたらと思います。


最後に

ブログを書くのは初めてなので、見難かったり文がおかしかったりするかもしれません。

ですが出来るだけ高頻度で更新していきたいと思ってるので、温かく見守ってくれると嬉しいです。

短いですが今回はこの辺で。

始めまして

皆さん初めまして。

このブログではルーンナイト、特にオートスペル型の話をしていこうと思います。

お暇な方はゆっくり見ていってくださいね。

2016/6/30
オートスペル型のロイヤルガードを始めました。
こちらもよろしくおねがいします。

プロフィール

アル

Author:アル
RO魔法剣士団へようこそ!
Sigrunサーバーで活動しています。
よろしくおねがいします!
※当ブログでは、ラグナロクオンラインを知っている前提で書いています。

RO魔法剣士団

フリーエリア

©Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved. ©GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR