ガーデンオブエデンprt1

今回も宜しくお願いします。

さていつもいつも時期を外したネタを提供する当ブログ。

今回も少し遅れて、前回話題に上げたサマーパッケージの一つを試してみました。

件の装備はこちらですね。
ラグナロクオンライン公式ホームページ様より。
ガーデンオブエデン[1]
ガーデンオブエデン[1]系列装備位置上段Def5
Mdef0精錬スロット1
装備レベル制限100破損する重量40
特殊効果 (1)Int+5、Dex+5。
(2)全ての属性魔法攻撃で与えるダメージ+10%。
(3)全ての種族のMdef20%無視。
(4)「ガーデンオブエデン」の精錬値が7以上の時、追加で全ての属性魔法攻撃で与えるダメージ+15%、全ての種族のMdef30%無視。
(5)「ガーデンオブエデン」の精錬値が9以上の時、追加で詠唱時間-15%、全ての種族のMdef50%無視。
(6)「カトリーヌ=ケイロン(MVP)カード」と共に装備時、追加で詠唱時間-100%、「テレキネシスインテンス」の再使用待機時間-120秒。装備解除時、「テレキネシスインテンス」を解除する。
装備全ての職業

まず一言。
決して安くはないけど、ラグ缶と違って必ず手に入るからとってもいいですね!

出来たら+7で試したかったところですが、数を用意できる資金も、改良濃縮エルニウムの在庫も、ホルグレンで叩く勇気も無かったので、+4で止めてお試しです。

比較する場所としましては、Mdefの低さから何時ものバリオ・フォレストでは性能を発揮できませんので、バリオの次によくいくゲフェン魔法大会で使ってみました。

なお、比較対象は+8マジカルフェザーと少々不利な状態となっております。


比較モンスターはこの方。
情報サイトRhapsody of the Ragnarok Onlineより。

フェイ・カナビアン
フェイ・カナビアン種[サイズ] / 属人間 [中] / 念2
Level160
HP3,100,000
Base 経験値500,000
Job 経験値250,000
ASPD?
ATK50~2,200
秒間最大ATK?
DEF175+130
MDEF90+102
DEX / LUK220 / 100
95%回避 FLEE525
100%命中 HIT450
アクティブ
BOSS属性

本当だったらもっとMdefが高いモンスターがいいんでしょうけど、そこまで強い敵とあまり戦わないもので、このくらいの敵が丁度いいかと思いました。

お次が実際のダメージ。
まずはこれまで通りマジカルフェザーでのダメージです。

+8マジカルフェザー ファイアーボルト
マジカルフェザーFB

+8マジカルフェザー ストームガスト(ホーリーライトと叫んでますがストームガストです)
マジカルフェザーSG

+8マジカルフェザー コールドボルト & 通常攻撃
マジカルフェザーCB

続きまして、ガーデンオブエデンのダメージを。

+4ガーデンオブエデン ファイアーボルト
ガーデンオブエデンFB

+4ガーデンオブエデン ストームガスト & 通常攻撃
ガーデンオブエデンSG

+4ガーデンオブエデン コールドボルト 
ガーデンオブエデンCB

装備欄凄いことになってますね……

さてダメージを字に起こしますと……

通常攻撃ファイアーボルトコールドボルトストームガスト
+4ガーデンオブエデン1,70010,5909,3656,272
+8マジカルフェザー2,00011,3359,1356,340

このような感じに。

結果としましては……意外にも魔法ダメージが誤差の範囲ですね。
やっぱり魔法防御無視が大きいのかな。

最大ダメージと最小ダメージによってはトントン、ないし逆転する場合も。
コールドボルトなんかガーデンオブエデンのほうがダメージ出てますし……

一方通常攻撃は、圧倒的にマジカルフェザーのほうが強いですね。
上段以外装備が同じなので、他よりダメージが低い分差も小さくなる筈なんですが……
エンチャントブレイドに魔法防御無視あたりがかかって無かったりするのかな?
憶測で語るのはやめときましょう。


最後に。

当たり前の話ですが、比較するのならばせめて同精錬の性能で比較するべきなのでしょう。
ですが冒頭にも書いた通り、+7の装備を用意することが現状厳しいため、早まって比較記事を上げてみました。
新しく手に入れた装備はすぐ使いたいしね!

検証としてはお粗末な物なので、いまだガーデンオブエデンを買おうか迷っている人、未精錬でどの程度使えるのか等々、そんな方々の参考になればと思います。
+7できたらまたネタにしようかなぁ。

……というか、+7にしたらこれに更に与えるダメージ+15%と魔法防御無視30%が付くんですよね……
レインボウなんて叩いてる暇ないかも?
マジカルフェザーの立場はいかに。

では今回はこの辺で。
また次回も宜しくお願いします。

スポンサーサイト

夢が広がるハイパーエンチャント!(机上

今回も宜しくお願いします。

字だらけな上に少し長くなってますが、お付き合い頂ければと思います。

さて今回は、4月13日からのキャンペーンにより、5月23日から始まる『ハイパーエンチャント』についてつらつらと書いていこうと思います。(ラグナロクオンライン公式ホームページ様より)
期日を間違えて書いていました。恥ずかしい穴に入りたい。

このイベントは、失敗時のリセットや消失といったデメリットを無視して、エンチャントが出来るようになるようです。
まさに『究極製錬』のエンチャント版で、数をそろえる時間、資産が無くても、ある程度のエンチャントに挑戦できますね。

『マヌクエンチャント』や『アーティファクトエンチャント』等、数種類に渡って挑戦できるようですが、私が狙うのはずばり『超時空エンチャント』です。

私のルーンナイトが何時も履いているこの靴を強化する絶好のチャンスなのです!

キマキマ時空


私には、このレベルの装備を何足も用意できる資金力は無いので、今回のイベントはとてもありがたいかぎり。
……と言っても二万円分しか用意できませんでしたが。


超時空エンチャントに必要なポイントは、他のエンチャントよりもお高く設定されていて……

超時空エンチャント第1のエンチャント500
第2のエンチャント750
第3のエンチャント1000

このような感じに。

1万円で2,000のポイントをチャージできるようなので、今回の私の手持ちは4,000ポイントということになります。
仕方ないことですけど、第2エンチャントの750ポイントがいやらしいですね。
1万円のポイントではストレートで行っても最後のエンチャントに挑戦できません。

実際最後まで行けるかどうかはともかく、何をエンチャントしたらいいのか、机の上でいろいろ考えていきます。


◎第1、第2エンチャント

付けられるのは次の八つです。
エンチャント名
闘志2名弓2魔力2攻撃速度2
先鋭2鋭利2大司教2MaxHP5

正直細かな性能を覚えていないので、自分の為にも簡単な効果を羅列しておきます。
下記の効果の中には、最近のラグ缶で実装している装備とのセット効果を持つものがありますが、私のルーンナイトではその系列を使わない(使えない)ので省略いたします。

闘志2      Atk+9、Hit+3
名弓2      遠距離物理攻撃+4%
魔力2      Matk+9、詠唱時間-6%
攻撃速度2    攻撃速度+6%
先鋭2      Hit+3、Cri+9
鋭利2      クリティカル攻撃で与えるダメージ+2%
大司教2     ヒール系回復スキル+6%、スキル消費SP+5%
MaxHP5     MaxHP+5%

8つから候補を選ぶためにもメリット、デメリットを確認していきます。

〇闘志2
低StrによるAtkの低さを若干補える。
高Dexによる高Hitを更に補強できる。
これと魔力2をつけたら魔法剣士っぽい!
キル攻撃をほとんどしないので恩恵が半減。

〇名弓2
遠距離攻撃は皆無といっていいので恩恵無し。

〇魔力2
高Intによる高Matkを更に補強できる。
ンチャントブレイドで通常攻撃も強化できる。
これと闘志2をつけたら魔法剣士っぽい!
詠唱を伴うスキルがほとんどない上に、高Int高Dexな為詠唱アップは殆ど要らない。

〇攻撃速度2
攻撃速度を上げるために必要なAgiを抑えることで、StrやVitを増やすことが出来る。

〇先鋭2
超fleeを持つモンスター相手のCri補強ができる。
高Dexによる高Hitを更に補強できる。
今の私のキャラはLukを上げていないのでほとんど意味がない。

〇鋭利2
今の私のキャラはLukを上げていないのでほとんど意味がない。

〇大司教2
勇者のプレートやヒール装備で回復をする際の回復量をあげられる。
スキル攻撃をほとんどしない為、消費SP+5%も気にならない。
現在の装備環境では、勇者のプレートを装備しない戦闘時、全く恩恵が受けられない。

〇MaxHP5
低Vitによる低HPを補強できる。
MaxHPに影響を受ける為、低Vitであるほど恩恵が少ない。


一般のスタイルで遊ぶ方の使用感とほとんど似通っていますが、幾つかオートスペルならではの悩みどころがあります。

さてさて、この中から二つ選ぶことが出来るのですが……
候補を上げるとすれば『闘志2』『魔力2』『攻撃速度2』『大司教2』『MaxHP5』の5つです。
正直どれもこれも誤差の範囲なのですが、キマキマ時空ブーツは既に一生ものとなっているので慎重に選ばねばなりません。


現在の最有力候補は『攻撃速度2』です。
これを2つつけるだけで、ステータス、Aspd共にかなり余裕が持てますね。
じゃあこれをつけておしまいに……


たがここで少し待って頂きたい。



最近は魔法職でもAspdを求められることが多いので、知力の時空ブーツに攻撃速度をエンチャントする人は多いと思います。
有用だから多くの人がそうするのだし、それが強いことは十分理解しているのですが……
これに習うことは、オリジナリティの欠如に繋がってしまう!
(あくまで私個人の見解です

いざという時売り払うのが楽という利点もあるでしょうが、どうせつくるのならば私は、私にしか使いこなせない一点ものを作りたいと思うわけです。

この理由から、上で露骨に強調しているように『闘志2』と『魔力2』が候補として台頭してくるわけです。


ここで私を苦しませるのは、近々ベースレベルの限界突破が控えていること。
その分のステータスポイントで『Str』を上げれば、物理攻撃力が上がり、スキル攻撃の選択肢も出てきます。
『Vit』を上げれば、現状耐えられない敵にも耐えられるようになるでしょう。
『Luk』を上げれば、超flee状態になるモンスターも倒せるようになるかもしれません。
『Int』を上げて火力アップと回復力アップも狙えます。
これらを補強する意味では、どのエンチャントも有用で、必要に思えてくるから不思議ですね。


◎第3エンチャント


そもそもここまで来れるかわかりませんが、可能性としてはゼロではないのでちょこちょこと書いていきます。

といっても、通常の時空ブーツエンチャントと違って、最後につくエンチャントは選ぶことが出来るので、当然ですが『暴走した魔力』一択です。

薄い守りを強化する『光速』や、通常攻撃とオートスペルの手数で比較的多く発動が見込める『幸運な日』も魅かれるところはあるのですが、Int+200の魅力には勝てませんね。


最後に。

個人的には二つ目まで行ってくれないかなぁと思っています。
詳しい確率は判りませんが、2回で第1成功、3回で第2成功、位になったらなぁと。

私は運がないほうなのでどうなるかわかりませんが、正直に言えば現在進行中の精錬祭りよりも楽しみですね。

イベントが始まるまでまだ少し時間がありますので、もうちょっと悩んで組み合わせは決めたいと思います。

では今回はこの辺で。

魔導剣とディーヴァのダメージ比較(1

今回も宜しくお願いします。

先日、夢幻に通っていたギルドの方々から、良い物を頂きました。
それに加えて露店で売っていた物も購入しまして、計二本のディーヴァクレイモアを用意することが出来ました。
ギルドの方には感謝を。

ディーヴァ

属性とか五つ目のオプションが少し物足りませんが、それでも以前のブレイドよりは強いでしょう。

ということで、今回は倍率の高い火属性のディーヴァクレイモアを使って比較してみます。

SSだらけの割に碌な考察をしていませんが、暇つぶしにご覧ください。


さて、『火属性の狩場』と言われて最初に思いついたのがトール火山でしたので、今回はそちらへ赴き殴ってきました。

装備はこんな感じです。

ダメージ比較装備

手持ちの装備をとっかえひっかえ色々試した結果、セリーヌセットが素殴りで一番ダメージが出ましたのでセリーヌセットを使用します。

この装備に水付与をしてカーサを殴りました。
トール魔導剣

魔導剣のダメージは2,600から2,800行かない位ですね。
サイドワインダーカードが刺さっている為ダブルアタックが発動しますが、Lv1なのでほぼ誤差でしょう……


続いてディーヴァクレイモアです。
こちらも水付与をしてカーサを殴りました。

トールディーヴァ

こちらは3,500程出ました。

魔法ダメージは合計で60%上昇しますが、ダメージの方は約900の上昇です。
なかなかいいダメージが出ますね。
スリサズルーンの通常攻撃3倍や、クリティカルの1.4倍が乗るので、いろいろ工夫したらもっと伸びそうです。

おまけの魔法ダメージですが……

〇魔導剣時のストームガスト
トール魔導剣SG

〇ディーヴァクレイモア時のストームガスト
トールディーヴァSG

これだけの差が出ると特化という感じがしますね。
複数を巻き込んだらとても気持ちよさそうです。

〇蛇足
実際聖属性や闇属性へ特攻効果があるクレイモアを手に入れてないので、ここから先は机上の空論になります。

予定では、高レベルの聖属性、闇属性のモンスター専用の武器として運用するつもりでした。
現在の倍率と同じものが手に入るとしたら、オートスペルによるダメージの期待値が、攻撃一回当たり900を下回る場合に限り、ディーヴァクレイモアの方が早く殲滅できる計算になります。

因みに聖属性Lv4のモンスターは各ボルトのダメージが0%に、闇属性Lv4のモンスターは各ボルトのダメージが25%に減少するようです。

聖闇魔法ダメージ

あれ……マジカルリングを二個装備した上にマジカルフェザーで火力増し増しにした状態なのですが、闇属性Lv4には5,000近くダメージが出るんですね。

これなら闇属性はまだオートスペルでゴリ押ししたほうが早そうです。

〇さらに蛇足
ところで……聖属性Lv3にはボルトが25%通り、耐性は闇属性Lv4と同等です。
ということはディーヴァクレイモアは実質、聖属性Lv4モンスターの専用装備ということに。
そんなピンポイントで必要な狩場あるのかな……
後は……魔法オートスペルの天敵である魔法反射もちのモンスターの為に、あったら便利という感じでしょうか?


ここまで色々書いていて元も子も無いことですが、ディーヴァシリーズの倍率は最大105%まで伸び、更に五つ目のオプションにはInt+やMatk+もあるようなので、理想のダメージはまだまだ伸びます。
またスロットも一つ空いている為、ゴーレムカードを刺してスリサズルーンを使ったりすれば、もっといろいろ変わってくるでしょう。
精錬値の有無もありますしね。
まぁ、最高のオプションが付いた武器に出会うまで、どのくらいかかるかはわかりませんが……

まだまだ一概に不要とも言えないレベルなので、他の方に役立つかはわかりませんが、これからも余裕があればちょこちょこ試してみるつもりです。

では今回はこの辺で。

魔導剣 vs ディーヴァ装備

今回も宜しくお願いします。
字だらけで長くなりますがお付き合い頂ければ嬉しいです。

さて、今回は前回の予告通り、魔導剣とディーヴァ装備の比較をしてみようと思います。
実装より約一か月。
既に熱が冷めてしまった人もいるかと思いますが、生暖かい目でご覧ください。

なお、ディーヴァシリーズと一緒にミラージュシリーズなる物も実装していますが、自前の調達が難しい為ディーヴァ装備のみです。

……と、意気揚々と書き綴るも用意不足は否めず、簡単なダメージ比較となっておりますので、参考までにということで……(こればっかり言ってる気がします)

〇性能の違い

まずは武器性能の確認を。
オプションは面倒くさいので後述です。
(ラグナロクオンライン公式ホームページ様等より。数字が繰り下がって見難いかもしれませんが、ご了承ください)
魔導剣[2]
魔導剣[2]系列両手剣Atk200Matk150
精錬スロット2武器レベル4
装備レベル制限110破損する重量220

ディーヴァクレイモア[1]
ディーヴァクレイモア系列両手剣Atk280Matk230精錬
スロット1装備
レベル制限
150武器
レベル
4破損する重量340

ディーヴァブレイド[1]
ディーヴァブレイド系列片手剣Atk150Matk130精錬
スロット1装備
レベル制限
150武器
レベル
4破損する重量120


魔導剣に比べてAtk、Matk共にディーヴァクレイモアの方が高いですね。

因みに、ディーヴァシリーズ、ミラージュシリーズは精錬値によって、AtkとHitが追加で上昇する効果が付いているので、過剰してこそ真価を発揮します。

〇オプションについて

ディーヴァシリーズ、ミラージュシリーズの装備には、それぞれ五つのオプションが付与されます。

『武器に○○属性を付与』や『物理攻撃時大型モンスターに与えるダメージ+○○%』のほか、ステータスが上昇するものまであり、数値もランダムな上に過剰製錬まで加えれば、非常に運が絡む装備と言えますね。
詳しくは公式の特設ページにてご確認くださればと思います。

さて、オートスペル型でありながらこの装備が気になる理由がここにあります。
この武器につくオプションの中に、『魔法攻撃時、○○モンスターに与えるダメージ+○○%』
というものがあるのです。

剣や両手剣にこれがついても一般的なステータスのキャラクターには何の魅力もありません。
『物理攻撃時』が付かないと火力アップにつながりませんからね……
ですがオートスペル型、その中でもエンチャントブレイドが使えるルーンナイトにとっては、一考の余地がある武器となります。


〇色々考えてみた

ディーヴァ装備にはスロットが一つ空いている為、レインボウとのセット効果が使えます。
しかし、マジカルフェザーや茨のヘアバンドなど、上段には威力を上昇させる優秀な装備がある為、難しいところです。

過剰レインボウならわかりませんが、ルーンナイトでオートスペルをするうえでは、発動率、威力共に魔導剣が一番バランスがとれていると思うので、無理して使う必要もありません。
発動スキルも最大で二種類と、発動数をとってもいまいちです。

つまりオートスペル型ルーンナイトでの、この装備の使い道は、オートスペルでダメージが取りにくい闇属性、聖属性に対する素殴り用なのでは、と考えました。

〇実際のダメージ

ここまでが長い長い前置きでして、漸く比較に移ろうかと思います。
今回用いる武器はこちらです……が!

比較武器

まず魔法攻撃時が付いているクレイモアを準備できませんでした。

結構探してみたんですが、一般では必要ない為、NPC売却等で処理されてしまっている可能性もありますね。

仕方ないので、今回はクレイモアよりもAtk、Matk共に低いブレイドで比べてみます。

因みに付与はどちらもしていません。
しつこいようですが、相変わらず私の装備環境ではということなので、参考までにお願いします。

〇 +10魔導剣
魔導剣vsディーヴァ

約2,300ダメージ、よくて2,400です。

〇 未精錬ディーヴァブレイド
魔導剣vsディーヴァ 2

こちらも約2,400ダメージ。

これは……足の力が抜けてしまいそうな結果に……

苦労して作った+10魔導剣が、未精錬のディーヴァブレイドと同等……いや、少し負けていますね。

しかもこれ、ブレイドですので同じオプションが付いたクレイモアなら更に差が広がることに。
ディーヴァシリーズ……恐るべし!

〇蛇足をつらつらと

魔導剣にはスロットが二つ開いていますので、これに特化カードを刺せばより高威力が望めますが、魔法ダメージの特化カードは物理ダメージのものよりも高価な物が多く、上昇値も半分の10%です。
一本5Mzを切った魔導剣であっても、ザクダムカードは100Mz以上するカードなので、このために指す勇気はありませんでした。

一方ディーヴァ装備の方は、恐らくブレイド、クレイモアで魔法オプションが二つ、ないし三つも重なれば、捨て値で処理されるかと思います。

結果、あくまで素殴りに限りですが、+10まで精錬した伸びしろの無い魔導剣に比べ、未精錬でも同程度の威力が出せ、(身内では)安価な為過剰も余裕をもって挑戦できそうです。



最後になりますが、試してみたはいいものの、大部分が机上の空論でお粗末な物になりましたね。

やはりちゃんとしたクレイモアを作成し、闇属性や聖属性のモンスターを殴ってみないと、実際どうなるかわかりません。


用意が出来次第色々試してみようと思います。

では今回はこの辺で。また次回も宜しくお願いします。

勇者のプレート確率更新

今回も宜しくお願いします。

つい先日、究極製錬チケットがもらえるキャンペーンがありましたね。

そのキャンペーンにて1枚だけ、チケットを用意できました。

実際にはくじで出た改良エルニウムを使ってですが、愛用の勇者のプレートが+8になりましたので、蛇足とも思えますが確率を調べてきました。

なお究極製錬チケットは、+8勇者のプレートを+9勇者のプレートにしようとして失敗しました。残念
 
さて……今回も相手はこちら。
_8勇者のプレート  
 
 
変なヒドラさんです。
 
彼(彼女?)のHPは1000ピッタリで水属性なので、勇者のプレートのオートスペルのみの場合計測がとても楽です。
 
計測に夢中になりながらも5体程殴り倒しました。
結果は次の通りです。
 _8勇者のプレートカウント


 
ヒドラ5体なので試行回数は5000回ですね。
 
これを確立に直しますと……
 
試行回数:5000回

ヒール       2.74%

ストームガスト   2.64%


+7の確率が

ヒール       2.64%

ストームガスト   2.24%

 
ですので、ここまでくると確率アップは誤差ですね。
ストームガストは0.4%ですが、ヒールに至っては0.1%の上昇です。
 
今後も+9、+10は目指していきますが、ばらつきを考慮して+10で丁度発動率3%になるような計算なんでしょうか。
 
いつか+10で遊べたらなぁ
 
今回はこの辺りで。
久しぶりに次回予告をしてみます。
 

次回!魔導剣 vs ディーヴァ装備!! 


また次回も宜しくお願いします。

プロフィール

アル

Author:アル
RO魔法剣士団へようこそ!
Sigrunサーバーで活動しています。
よろしくおねがいします!
※当ブログでは、ラグナロクオンラインを知っている前提で書いています。

RO魔法剣士団

フリーエリア

©Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved. ©GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR